カテゴリー  [健康・ダイエット ]

経済的適正糖質食生活 その6  腸の要求を満たす 


※注
巷でよく使われている「糖質制限」という言葉は好きじゃないし、「低糖質」もニュアンスが違うし、どちらも誤解を生む恐れもあるので、僕は「適正糖質」に改めます。



一生続けられるダイエットを行うに際して、

①暴走しがちな脳を制御すること。
②栄養バランスを満たすことを要求してくる腸を満足させてやること。

この2つは必須。


糖質中毒による暴走しがちな脳に対しての第一歩として、糖質摂り過ぎの悪影響を認識することを前回の記事でお話ししました。

今回は、腸からの要求を満たすための方法を考えて行きましょう。


人類は草食でも肉食でもなく、すべての栄養素をバランスよく摂取しなくてはならないめんどくさい生き物である。

そこで厚労省は「一日に30品目は摂りましょう」と謳っている。つまり30品も摂れば、きちんとした栄養計算が出来なくても、おのずとすべての栄養素が満たされる可能性が高いということ。

しかし、一日30品目摂取することですら、そんなに簡単なことではない。
栄養不足から免れるためには、一品目で豊富な栄養素を有するいわゆる完全栄養食品を活用すべきである。

すべての栄養素が満たされれば、腸は満足し「もっと食べろ」指令を送らなくなる。また栄養バランスが整うことで、体の調子が良くなり、ストレスや倦怠感、アレルギーなども克服され、精神も安定することで糖質摂取による快感などに頼る必要がなくなり、糖質中毒から脱却しやすくなる。

いまさらであるが、栄養バランスが整うということは「百利あって一害なし」(造語)なのである。



ということで完全栄養食品を積極的に摂取するべく、ランディが日頃から取り入れている食品を具体的に紹介していきます。

牛乳、そして油揚げサンドは過去に紹介しました。

今回は僕がほぼ毎日コーヒーと一緒に1日10~20粒ほど食べている、栄養豊富なナッツです。
小腹が減ったときやコーヒーのお供をナッツにするだけで、栄養バランスがかなり改善されますよ。

アーモンドの栄養価・効能についてはこちらを参照↓
アーモンドの栄養価がすごい!老化を防いでダイエットできる

ただし、栄養豊富のナッツといえども、食べ過ぎは良くありません。繰り返しますがどんなに良いものでもあっても、「過ぎたるは及ばざるがごとし」のことわざ通りだということは肝に銘じておくべきです。


ナッツは、スーパーでもコンビニでもたくさん売られていますが、ポイントは塩やオイルで味付けされているものは避け、素焼きのものを選ぶこと。素焼きの方がヘルシーだし、慣れれば断然おいしいです。




↑その中でもお値打ちなのはこれ。イオンの中などにあるKALDIで売られています。



もっとお値打ちなものなら、容量は1キロになりますが、名駅ミッドランド地下にある富澤商店の素焼きアーモンド。
↓こちらからアマゾンでも購入可能。






【最近&注目の記事】
経済的適正糖質食生活 その5  糖質依存からの脱却  

経済的適正糖質食生活 その4  一生続けられるダイエット 

経済的適正糖質食生活 その3 ダイエット方法 

経済的適正糖質食生活 その2 油揚げサンド

適正糖質食を経済的に その1

高級名古屋コーチンプリン

今のところ万亀、千亀よりは予約の取りやすい三亀(焼き鳥)

ランディがいつも飲んでいる牛乳

最近のミヤケさん(シチリア料理)

コスパの良いナッツのデニッシュ

中川区のおしゃれなシフォンケーキ屋さん

野並のおすすめ蕎麦屋など

極楽ホームパーティー

マレーシアの世界遺産村

端午の節句ギャザリング

瑞穂区のロールケーキカフェ

イグレックアサイあとのフレンチ

くら寿司のイメージがさらに悪くなった

どうしてこんなに加工品が好きなんだろ?

鶴舞にオープンしたシチリア料理店

とうとう名古屋にもサラダ専門店が