カテゴリー  [本物のイタリアンとは? ]

フレンチとイタリアンは似て非なるもの 

 昨今のイタリアンブームで、フレンチのシェフが安易にイタリアンに手を染めている店が多いこと。単純に、イタリアンとフレンチは似ている、フレンチが出来るのならイタリアンなんか簡単に作れるだろう。とんでもない話です。

 フレンチはイタリアのメディチ家から発展したのは事実かもしれませんが、その土壌性からその先はまったく違う食文化が生まれました。
フランスは内陸部が多く、イタリアは日本と同じ海に囲まれています。よって、フランスはより保存性を高めるもの、肉料理の発展、素材の欠点を覆い隠すソースの発展に、反面イタリアは豊富な新鮮な素材から、素材の美味しさを生かしたシンプルな調理法、その国民性から見た目に重きを置くことなく、でも手は抜かない料理の発展(これがいわゆるマンマの味)。イタリアでの有名シェフに普通の主婦が多いこともうなずけます。

 つまり、フレンチは必要以上に素材に手を加えてしまうし、見た目重視から、味に関係ない盛り付けにこだわる反面、焦げのうまさ、焼き方の違いによるうまさを軽視しがちです。でもこのことはフレンチイタリアンにかかわらず、わかっていないシェフには共通のことだし、逆にわかっているシェフは伊・仏双方の良い点悪い点を巧みにコントロールして何でも美味しくしてしまうことでしょう。




↓ランディも参加しています!お役に立ちましたら応援よろしくお願いします!

↓ブログランキング
FC2ブログランキング

↓人気blogランキングへ

blogrankingbanner