にこら (蕎麦) 京都市上京区 総合66点 

人気ブログランキングへ
→飲食店人気ブログランキングへ

nikora2010110
京都の蕎麦店「にこら」(ミシュラン1ツ星)に行ってきました。

京町家を改装。店内にはご主人が惚れこんだというニコラ・ド・スタールの絵が飾られている(店名の由来)。
以前は岐阜で蕎麦屋を営まれていたそうですが、7年前にこちらへ移転されたみたい。



nikora201011
一升瓶が並ぶ。
日本酒と焼酎の品揃えも充実しています。

照明や、ところどころの造作(トイレへのガラスのドアなど)がカッコイイ。



nikora2010111
蕎麦の副菜となる旬菜セレクト¥2100(料理3品盛合せ+季節の天ぷら)
右から、京鴨のロース煮、〆鯖のカルパッチョ、柿と自家製鴨の生ハムの白和え

どれもきちんとおいしいです。



nikora2010112
季節の天ぷら
地茄子、鳴門金時、明石の穴子、伏見の甘唐辛子など
ボリュームありました。

旬菜セレクト、いろいろ楽しめるので初めてのときはおすすめ。



nikora2010113
そばつゆと薬味
つゆはダシの効いた普通に甘みのあるタイプ。


nikora2010114nikora2010115
ざるそば¥950
蕎麦は常陸秋蕎麦をエージレスパック(脱酸素状態)にて摂氏7度にて保管。その日に使う分を石臼にて製粉(石臼粗挽き十割蕎麦)とのこと。

今年収穫の新そばに切り替わったかどうかは明らかではない(訪問は11月中旬)。

香りはそこそこ。粗挽きの粒子が弾けたあとの甘みや香りもそこそこ。やや腰の抜けた感じがあるけど悪くはありません。

接客はアルバイトの男の子がとてもいい感じでした。学生のアルバイトなのですぐに入れ替わってしまうでしょうけどね。

ハードもおしゃれですし、下記のようにおもしろそうなメニューもあり、お酒類も充実。
京都に行かれた際には食事の候補に上げられてみてはいかがでしょうか?


≪その他のメニュー(霜月)≫
おろしそば¥1150
京鴨のつけ汁ざるそば¥1500
六白黒豚のつけ汁ざるそば¥1600
牡蠣の酒蒸しのつけ汁ざるそば¥2000
天ぷらざるそば¥2000
かけそば¥950
九条葱と辛味大根のおろしそば¥1250
聖護院かぶらそば¥1500
京鴨と九条葱の南蛮そば¥1600
自家製にしんそば¥1650
天ぷらそば¥2000

季節の天ぷら¥1050
そば味噌¥500
どぼ漬け¥500
椎茸のブルーチーズ風味焼¥750
京えび芋の唐揚¥900
栗と京赤地鶏のうま煮¥950
牡蠣の西京味噌漬(カレー風味)¥1000
牡蠣の酒蒸し 春菊とそば味噌のソース¥1000
自家製にしん棒¥850
自家製からすみ¥1400
干くち子¥2000
あぶり京鴨 九条葱ソース¥1300
京赤地鶏花椒焼¥850
鴨つくね¥750
六白黒豚三枚肉のうま煮(そば蒸しパン添え)¥1050
そば寿司¥750
そばがき¥850

仁挽き 杏仁豆腐¥400
そば白玉入り丹波大納言ぜんざい¥400

おまかせそばコース¥4200(要予約)



応援よろしくお願いします!→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ

ランディの評価
20★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆  (30点満点)
14★★★★★★★☆☆☆  サービス(20点満点)     
11★★★★★★☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 7★★★★☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 3★★★☆☆          (5点満点)      


蕎麦屋 にこら
京都市上京区智恵光院通五辻上ル五辻町69-3(本隆寺南隣)
地図
ホームページ
電話:075-431-7567
営業時間:
11:30~14:30
17:30~20:30
休日:水曜日、第3火曜日
駐車場:2台
禁煙
カード利用不可

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

美味しかったです。

お正月に行ってきました。
ランディさんのおかげで、
こんな美味しい所へ行けて嬉しいです。
お正月メニューだったので、
今度はコースを食べに是非もう一度行きたいと思っています。

お料理を食べながら、すごくイタリアンを感じ、
きっと元イタリアンのシェフが蕎麦に転向したのかもと
思ったりしていたのですが、
なんとこの方、元経営コンサルタントだったんですって!
奥様のご実家が岐阜で日本料理 ひら井
Restaurant 桂翠館(けいすいかん)
蕎麦「吉照庵」をなさってて、
15年前コンサルタントを辞めて
「吉照庵」の店主となり、傾きかけていたお店が
8年で見違えるような蕎麦屋に変わったんだそうです。



コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/1005-6830ca12