すごいワインの垂直飲み!! at クラシコ 丸の内 総合69点 

人気ブログランキングへ
→飲食店人気ブログランキングへ

classico201104
4年半ぶりに丸の内のイタリアン「クラシコ」


classico2011046
classico2011048
shouさんに招かれて、スーパートスカーナの頂点とも言える大変希少なオルネライアのマッセト(メルロー100%)の垂直テイスティング会へ('96 '97 '01)。


芳醇な果実味+土臭さ+まろやかなタンニン。メルローの特長がしっかり。どれも満足♪
個人的には'97が飲み頃でバランスがよく特においしかったです。


貴重で高価なワインを惜しげもなく提供してくださった、Oさんありがとうございます。




この日の料理は¥5040の旬の食材コース(ワイン持ち込み料金は¥600)
classico2011041
パン
アミューズの稚鮎のカルピオーネ
(クレソンとくるみのサラダのせ)

パン自体は普通ですが、パン用のオリーブオイルおいしい。



classico2011042
前菜の盛合せ
(タコと千切り野菜のマリネ、白貝のオーブン焼、きのこのソテー)

“素材感”がフレンチではなく“イタリアン”してるんです。


classico2011043
トスカーナ風ミネストローネ
懐かしいな~マーノディカトーの味を思い起こさせる味わい。


classico2011044
ホタルイカとルッコラを練り込んだタリアッテリーネ
素材の味わいが濃くておいしい。

なのでパスタはもっと厚みのある方がバランスがよい気がしました。
その方が歯応えもいいし。



classico2011045
南信州 幻豚の直火グリル 香草とパハール岩塩添え
素材を生かしたシンプルな調理。絶妙な火入れでおいしかった。この豚うまいなぁ。


classico2011047
デザート盛合せ
(サラメディチョコラータ、リコッタチーズのトルテ、マチェドニア、カシスのジェラート)

どれもおいしいけど、特に苦味の効いたチョコケーキと、アマレットがガツンと効いたリコッタケーキがgood!


4年半ぶりの訪問でしたが、きちんとイタリアンしている料理はどれもおいしく、相変わらずサービスも高レベルでした(味2点プラス、サービス1点プラス)

夜は喫煙者との遭遇がないことを祈るのみ。



→クラシコ その1

→クラシコ その2

→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ


ランディの評価

22★★★★★★★★★★★☆☆☆☆  (30点満点)
15★★★★★★★☆☆☆  サービス(20点満点)夜喫煙可能でマイナス1     
12★★★★★★☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 6★★★☆☆          独創性+素材(10点満点)    
 3★★★☆☆          清潔度(5点満点)夜喫煙可能でマイナス1
 4★★★★☆          (5点満点)

     
点数1点刻みによる修正(2008年8月27日)
味プラス2、サービスプラス1、清潔度マイナス1(2011年4月19日)

Cucina Italiana CLASSICO イタリア料理 クラシコ
名古屋市中区丸の内2-11-22 第2餅喜ビル1F
地図はこちら
ホームページ 
地下鉄桜通線 丸の内駅4番出口下車 徒歩5分
電話:052-220-2188
営業時間
11:30~14:00(L.O)
18:00~21:30(L.O)
定休日:日曜日
駐車場:無し
ランチタイムのみ禁煙

ランチ:¥1050、¥1785、¥2625、¥3675
ディナー:¥5040、¥7140、¥9450(すべて2名より)
(※ディナーでコースを注文の場合は、パン代¥500別途)

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました

当日は楽しい時間をありがとうございました。

希少なワインの垂直飲み、最高でしたね♪
O氏に感謝ですm(__)m

次回はまた別のイタリアンで楽しみましょう(笑)

久しくここは行ってませんが、相変わらずデザートはいっぱいの中から選べるんでしょうかね。ジビエもおいしかったと。
マーノ・デ・カトー、懐かしいなぁ。よくランチで’キリストの涙’飲んだのを思い出しました。加藤さんは元気なのでしょうか。
このブログをみていると、石蕗の舎とか懐かしいお店の名前が出てきてふと若い頃を思い出しますわ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/1121-5f169ab7