ル・マルタン・ぺシェール (フランス料理) 千種区 総合68点 

blogrankingbanner
→★飲食店情報は人気ブログランキングへ★ 


※2009年7月20日よりレストラン形式からバー形式に変わるそうです。

今日は「ル・マルタン・ぺシェール」の紹介です。
matinkanban
ソムリエの那須氏の経営する店。もうオープンして、8年になり、いろんな雑誌にも登場しているので、ご存知の方も多いだろう。

実はランディは那須氏がこの店をオープンする直前に、彼のワイン教室に通っていたことがある。
その時の授業は、ワインへの愛情あふれるもので、僕のワインへの興味を湧き上がらせてくれたし、また僕の質問攻めに対しても的確に大変分かりやすく、ポイントを抑えて答えてくれた。

そして、僕にソムリエというものは、ワインの知識の達人ではなく、サービスの達人だということを気づかせてくれたのも彼だと思っている。
個人的には この地方でのナンバーワンソムリエだと感じている。

行かなきゃ行かなきゃと思い続けて、とうとう本日その時が訪れた。



martinsoto
吹上交差点すぐ東、日進通りから一本北に入ったところにある。
まさに隠れ家。看板は見当たらない。目印はL・M・Pのネオンサインだけだ。
知らない人は何かの秘密クラブ?と思ってしまうかも。そんな雰囲気がランディは気に入った。



martincurve
厳重に管理されたカーヴには莫大な数のワイン。今日はメインの鹿にあわせてこの赤を選んでいただいた。もちろんグラスで^^;
8年ぶりの再会になるがしっかり覚えていてくださった。ただランディが当時に比べてあまりにやせているので、一瞬分からなかったらしいが^^;



¥3500のランチコース(前菜・スープ・メイン・デザート)をいただいた。写真は3人分
martinyurine
帆立貝柱のマリネ トリュフ風味の百合根添え
百合根とさっぱりしたトリュフソースは相性ばっちり。和の食材も積極的に取り入れているようだ。帆立は値段相応レベル。



martinfoiegras
フォアグラのソテーと鴨の生ハムのサラダ プラス¥500 
とろけるようなフォアグラが美味。その存在感に、鴨はちょっと負けちゃってるかな。



martinhamachi
ハマチのマリネと甘酸っぱい薄切り大根 苺ドレッシング
苺ソースとハマチ、そしてこの千枚付けのような大根との組み合わせが面白い。


前菜は全体的に軽い仕上がりで、ボリュームは少なめの印象。



martinsoup
ゴボウのポタージュ
ここでも和の素材の登場だ。しっかりゴボウの味がする。少し強めの塩加減だが、
実はゴボウの主張の強さとのバランスが取れている。うまい。



martinsika
本日のおすすめ肉料理の鹿肉の赤ワインソース。
このたっぷりなソースがいいね♪フレンチはこうでないとね。
濃縮したパンチの効いた赤ワインソースがとてもうまい。ジビエ好きのランディにとっては鹿はもうちょっとクセがあってもいいぐらい。
赤ワインとの相性は、この濃厚なソースをタンニンの効いた切れのある飲み心地のワインが洗い流してくれる感じ。




martinhomard
オマール海老のポアレ 姫茜香の軽やかクリームソース プラス¥1000
オマールの火の通り加減が絶妙!ソースもオマールのダシがしっかり効いていてうまい!
これもソースたっぷりでうれしい。




martinagneau
仔羊鞍下肉のペルシャード(パン粉焼き)、白ワインソース
仔羊だけあってほんのり乳臭さを感じる。ランディ的にはもっとレアがいい。付けあわせが秀逸。これも和の素材だ(ふきのとうのフリットとカブのブイヨン煮)。

ここで、この店は前菜は軽めで、メインしっかりと食べさせる店ということが分かった。考えてみればこれが普通だ。でも、前菜が一番良くてあとは尻すぼみの店も多い。

どのメイン料理もきちんと、そしてしっかり手が加えられている印象。
ダシをしっかり効かせ、パンチのあるソースはランディ好み。どれもきっちりパンでぬぐってしまった^^;


聞くと、今のシェフがここへ来てもう4年ほどになり、一番長いそうだ。そして那須氏とシェフで一緒に食べ歩きに行くらしい。こういうコミュニケーションは大切だ。オーナーでありソムリエでもある那須氏とシェフの嗜好、感性の一致が今のこの店の原動力となっているのかもしれない。




martinnasusan
7~8種類のデザートはシェフによるもの。
那須氏とギャルソンが、ワゴンサービスで提供してくれる。
ランディは3人で来ていたので、全種類を3人で食べられるようにとお願いした^^。



martindessert
やはり料理人の作るデザートという感じがする。だから味はいい。生クリームもランディの好きな乳臭い香りたっぷり。
ただ、少々新鮮さに欠けるのが残念。これだけ数があるとどうしてもいずれかは持ち越すことになるのだろう。
ランディの意見を言わせてもらえば、もっと、料理人の作るデザートを前面に押し出して、その場で作れるデザートにしてもいいのではないか。あるいは、デザートといえども、新鮮さが命なので、種類をしぼって持ち越さないようにするかだ。




martintable
ソムリエのお店らしく、定期的に著名なワインを囲んでの試飲会も行われている。
誰でも参加できるらしい。

ランチもディナーも休まず那須氏がサービスをされているのもポイントが高い(2007年7月30日)。

P.S言い忘れたが、ここはランチにもかかわらず、前菜からメインまで、すべての料理ひとつひとつに対応した那須氏厳選のワインがメニューに書かれているのも特筆すべき点だ。


→ルマルタンペシュール その1へ

→ルマルタンペシュール その2へ



↓↓↓お役に立ちましたら応援よろしくお願いします↓↓↓
→人気ブログランキング(東海)へ


ランディの評価
20★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆ (30点満点)デザートでマイナス1
17★★★★★★★★★☆  サービス(20点満点)     
10★★★★★☆☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 6★★★☆☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 4★★★★☆          (5点満点)定      

   
※1点刻みに変更に伴い雰囲気とサービスそれぞれマイナス1(2007/12/13)

LE MARTIN PECHEUR
名古屋市千種区小松町6-15
お店の地図はこちら 


Tel.052-733-3373 
もちろん全席禁煙。 
定休日…水曜日、第3火曜日
営業時間
11:00~15:00(L.O.14:30)、土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)


→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ

関連記事

コメント

お、でましたね。

お昼というより、夜が似合うLMP。
ちょっと前に、ワイン会でお世話になりました。那須さんは、僕とおない年ですが、あのぴりぴりとした緊張感、オーラがでてました。
ワイン前提の味付けで、しらふでは味がやや濃いとおもいますが、山の手のお母さまのPTAでも使われているとか。。。

デザートは一考を・・・

まさか、このサイトでは取り上げにくいお店かと思っていました。夜しか知りませんでしたので・・・お昼のお値打ちさにビックリいたしました。

でも、ランチのお料理に那須氏コーディネートのシャンパン、白、赤を1杯ずついただくと10000円弱になりそうですね。

デブチン様ご指摘のとおり、LMPは夜のお店だと思います。そして、料理のみを愉しむよりもワインと料理のマリアージュを愉しむ・・・そして、ソムリエサーヴィスの教科書のあるお店かと思っています。

気のせいか・・・料理メニューは月単位?で変更位の気がするのですが???
しかしながら、LMPでは間違いないフレンチがいただけます。

デザートは一考ありです。
ワイン・料理のレベルとはかけ離れていると・・・私は感じています。

キャッスルの時より那須氏の本領は発揮されていますよね。
禁煙は嬉しいかぎりです。

デブチンさんへ

確かにお昼に写真撮ってもパッとしませんね。

さすがデブチンさんワイン会にもいってらっしゃるのですね。
いいワインが出る時はやはりそれなりの会費になっちゃうそうだし、今のランディには酒スーパーで掘り出し物を見つけるしかないようです(;;)

諸行無常さんへ

何とかぎりぎり予算の範囲でした^^;

ワインとのマリアージュ。その通りでした。
ランチにもかかわらず、メニューには、前菜からメインまでそれぞれの料理ごとに那須氏セレクトのワインがのっていました。このことブログにも追記しておきます。

そうですねメニューは月単位ぐらいで変更するそうです。
あのメニューの豊富さは小さいお店なのによくやられているなと思います。

デザート諸行無常さんもそう思われましたか。
やはりシェフ1人では難しいですよね。

藤田シェフの頃は良かったけど、、、、。

↑どなたでしょうか?
詳しいお話を教えてください。

電話での応対がとーーっても感じ悪かったんですけど
お店の雰囲気ってどうですか?
なんだか行く気がうせました↓↓
ちなみに電話にでたのは男性で、忙しそうにこちらが言い終わる前に返答するってかんじだったんですけど。。

きなこさんへ

雰囲気自体は悪くないですよ~。
ちょっとだけ頼りなさげなギャルソンのお兄ちゃんがいたかも・・。でもそこまで悪い印象はありません。
よほど忙しかったのでしょうかね。
最少人数でやられているので、電話した時間帯によっては
満足の得られる応対は難しいのかもしれません。

昨日行ってきました!!

はじめまして。サクと申します。
偶然このHPを知って、昨日吹上のル・マルタン・ペシュールに行ってきました!

さすが高得点の店だけあって、すごくおいしかったです。

カウンター席に案内されたんですけれど、カウンター素敵ですね。
サービスの方とおしゃべりできるし、あたしもサービス業なんですが、色々と勉強になることばかり!

那須さん?ですかね、すっごくファンになりました。

昨日は運転手だったので、ワインを飲めませんでしたが、今度行ったら絶対に飲むぞーって感じです。
最近フロマージュにも興味がわいてきたので、今度オーダーしよっかなと思ってます。

近いうちに多分またこの店に行きたいなーって思っちゃうくらいはまりました!

サクさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。とても励みになります^^。

そうですね。ここのカウンターはテーブル席と変わりなくくつろげる雰囲気でいいですね。

おっしゃるとおりなんといってもここの魅力はカリスマソムリエ那須氏とのふれあいですね。

今後ともよろしくお願いします♪

一度いってみます。

那須さんとは、小学校の同級生で、高校も同じでした・・・
当時から、清潔感漂う、品のいい、お坊ちゃん風の少年でした。

まだ、「ソムリエ」という名前が知られて無い20年前頃、ソムリエの資格を取られたということで、当時、よくマスコミに取上げられましたね。

レストランをオープンされた、その場所は、確か、子どもの頃お住まいのご自宅では?と思います。一度伺うつもりでしたが、別の友人から「値段が高い・・・」と聞いていましたので、私のような庶民ではどうかな・・・と懸念していました。
こちらのブログ内容がとても解りやすかったので、今度友人を誘って、一度伺おうと思いました。

むらっちゃんさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

那須氏と同級生の方なんですね。確かに昔はお坊ちゃん風かも^^
そうですね。ご自宅だとおっしゃってましたよ。うらやましい^^;

ランチは比較的お手ごろですし、お友達ならワインもお手ごろでいいものをチョイスしてくださるのではないでしょうか。
これからもよろしくお願いします♪

はじめまして。ランディさんの、「飲食店は全て禁煙にすべき」との考えに大賛成です。さらに言うなら、「舌が大事な商売道具であるシェフはタバコ吸うべからず」です。
一度、ランディさんのオススメのお店に行ってみたいと思います。

名無しさんへ

はじめまして。
前にも言いましたが、料理人、スポーツ選手、歌手、医療従事者でタバコを吸ってる人って仕事をなめてますよね。

これからもよろしくお願いします♪

初代のシェフはバンバンに吸ってますが。

夜ですね...

前に一度、ランチにいきました。
えーこんなところにお店が??ってびっくりでした。
そんなすごいカリスマソムリエの方がいるお店しは知りませんでした。
でも、グラスワインもおいしー!!って思ったのを覚えてます。
デザートのケーキのワゴンサービスは私も実は、ランディさんと
同じ感想でした。
お正月明けにいったからなのかな...と友達とは話したのですが。
でもお店の方のサービスもいいお店にきた!って感じの緊張感がありました。
いつか夜に行ってみたいです。

berryさんへ

穴場的なシチュエーションも魅力ですね☆
こじんまりしたお店で、お店の人が素敵だと、安心して訪問できます。
僕は当分ディナーは行けそうにありません><

お昼の紹介が嬉しい

ここからよく案内が来ます。
スペシアリテを聞いたらオマールだと言うのでオーダーしましたが、クスンでした。
感動が全くなかったんですよ・・・。
夜しか行ったことがなかったのでお昼のメニューを見せてもらい嬉しかったです。
那須さんってWSETの資格をお持ちなんでしょうか?

ここがはじまり

実はこのお店に行った事がランディさんのブログとの出会いなんです
LMPを検索してたどりついたわけなのです

「ちょっとだけ頼りなさげなギャルソンのお兄ちゃん」
・・・この方、前に食事にいったお店から移ってきたばかりで私たちのことを覚えていてくれたのです
感激しました~
車だったので、ワインは飲めませんでした
次回は絶対、楽しみたいです
  • [2007/05/16 21:05]
  • URL |
  • ミント(まりい)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ミントさんへ

こんばんは。
ここでこのブログ見つけられたんですね^^。

今度はぜひワインを楽しんできてください。
ここは那須氏にお任せしちゃっていいんじゃないでしょうか。
ぜひ行かれたら報告してください。楽しみにしています♪

ランチ行って来ました!

初めまして。
先日、ランチで非日常を味わって参りました。
こういう場は不慣れなのでかなり緊張しましたが、お料理もワインも大変美味しく頂きました。
個人的には鴨が忘れられません。クセがなく、柔らかく、まるでレバーのような食感。私が今まで食べた鴨は、一体何だったのか・・・?
そして、選んでもらった赤ワイン。赤ワインは少々苦手だったのですが、友人と「美味しい」を連発。グラスが変わると味わいも変わることにも驚きました。
そして、「マリアージュ」ってこのことか!と体感。一口食べるともう一口食べたくなり、が最後まで続きました。こんなの初めてです。
デザートに関してはランディさんと同感です。女性向けなんだと思いますが、種類は多くなくていいから質を上げて下さるといいと思いました。
素敵なお店を教えて頂き、ありがとうございました。

おかんさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます^^。

良かったですね^^。ソムリエさんがオーナーのお店はいいですよね。

今後ともよろしくお願いします♪

今週行ってきます!

ずいぶん前から 友人に薦められていたお店ですが。。。賛否両論のため後回しになってました。
接待を兼ねていますが、今週予約を入れたのでディナー行ってきます。ちょっぴりドキドキです。デザート(要注意?!みたいなので。。。)ではなく、チーズに変更もできるのかな?また報告します♪

パルマさんへ

はい、ぜひぜひご報告お待ちしています!
よろしくお願いします^^

i行ってきました。

一時的に雨がひどかったせいか、店内に雨水が流れ込み 店員さんは大変だった様です。
食事はセカンドのコースメニューにしました♪どれも美味しかったですが特にオマールの焼き具合と 仔羊が美味しかったです。ワインの値段を聞くことなく飲んでましたが。。。いくらだったのでしょう。。。(笑)

パルマさんへ

おはようございます!

あ~なんとなく雨水たまりそうな設計ですよね^^;
デザイン重視しすぎちゃいましたかね?

確かにオマールの焼き具合良かったですね。
信頼できるソムリエさんがオーナーだと、料理もそれなりのものが期待できますね。
デザートはどうでした?

ワインの値段を聞かないで飲む・・・うらやましい(笑)^^僕もそうなりたいです。

はじめまして!

いつも楽しく拝見させていただいてます
お店選びの参考として、ランディさんのご意見はとてもありがたいです!
ディナーコースの中で、フォアグラのプリンとカナダ産のオマール料理がとても印象に残りました
お店の方が薦めてくれたブルゴーニュ産オマールを次回は、ぜひ味わってみたいと思います
個人的な感想ですが、こちらのお店は、お肉よりシーフードがお得意なのかなって感じました
ワインのチョイスは、さすが!の一言!グラスの選択にも力を入れていて、感動しました
今後もランディさんの、取材?に期待しています
頑張ってください!

間違えた~

わははは~
ブルゴーニュじゃなくて、ブルターニュですよね!v-8

デザート

ピスタチオのムースは美味しかったです♪←売れ行きは悪そう?
琵琶のコンポートは、ん。。。特別なものではないです。

私はワインと一緒に食べたいので、チョコ系がもっとあると嬉しいです。ティラミスでは物足りない感じがします。
少しでいいのでズンっとくるような濃厚なものがあるといいかな~と思いました♪

キックさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

フォアグラのプリン食べたいです^^
ブルターニュ産オマールなんて食べたことあったっけ?
食べられたらぜひカナダ産との違いの報告お願いします^^

やっぱりここはワインのチョイスがうれしいですよね。
僕もディナーで行かねば・・。

今後ともよろしくお願いします♪

はじめまして。くろぶたさんのページから辿り着いて、楽しく拝読しております。
取り上げられているお店はどれも、自称呑んだくれの友人が美味しいからと連れていってくれたお店ばかりで、このページを参考にしているのでは?という位なのですが(笑)、このお店はシャンパン1杯でコースを食べきる私には、重過ぎて無理だと言われました。ランディさんの記事ではそうも感じなかったのですが、彼女曰く酒で味覚と食欲中枢が軽く麻痺していないと美味しく食べきらないって。ディナーだからでしょうか?

KATOさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます^^

麻痺していないと美味しくないって相当お気に召さなかったみたいですね。僕は夜に行ったこともないので、なんともいえませんが、お昼の限りでは料理はそんなことはなかったです。ちょっと味が濃い目ということでしょうかね?夜はワインに合わせて濃厚な料理の品数が増えるのかな。

う~ん一度行ってみてください^^;ごめんなさい。

これからもよろしくお願いします♪

本日、めでたく、お店に伺うことが出来ました。

予約の際に、「同級生」ということをお伝えしましたので、
終始、お料理よりも(失礼)昔話に、花が咲き(咲きすぎ)
楽しいひとときを過ごす事ができました。

同級生ということで、特別に、食前のシャンパンとデザート余分に、サービスして下さいました。

お味の方は、ランディさんのブログ取材同様、しっかりとしたお味でした。ビシゾワーズはスプーンがしっかりと冷してありましたし。メインは「スズキのポワレ」でしたが、あわ立てたソースに、お魚の表面がカリっとしていて、食べ応えがありました。デザートのお菓子は、自分がさっぱり好みですので、一緒に行った友人にはBESTでしたが、私はちょっと・・・コーヒーのお代わりが頂けたのは良かったです。

最後に、
壁に掛かった絵も、同級生の「沼本三郎画伯」の作品でした。ランディさんのブログのお陰で、勇気を持って伺うことが出来、感謝です。

先ほどに続いて・・・

お店の名前が「ル・マルタン・ペシェール」とあるので、何から命名したのかと思っていましたが、
那須氏がワシントンホテル→名古屋キャッスルの後に、フランスのレミー・マルタンに2年ほど行かれていたとの話を聞きました。(同級生のよしみで、お互いの個人情報が炸裂していました・・・笑)

多分、それで、命名されたのでは?とふと、思ったのですけどね。

むらっちゃんさんへ

ついに初訪問だったんですね☆

むらっちゃんさんの来店ということでなおさらの部分もあるかと思いますが、普段でもここは細かいところまでホスピタリティーにあふれていて、心温まります。

デザートは僕もさっぱりが好きです。ここはたくさん出てきた記憶があるので、選べばいいのかと思っています。

命名・・・そういうのあるかもしれませんね。
お店の名前ってあれこれ考えるものですが、結局自分とゆかりのあるものに落ち着いたりもします。マルタンペシェールは「かわせみ」と那須さんにお聞きしましたが、レミーマルタンって何なんでしょうかね?

ランディさんのブログ拝見して言ってきました。
味はおいしいですが接客があまりよくなかったです。
何だか冷たい感じで混んでいたのもあるんですがしばらくたってもメニューも持ってこないしお勧めのワイン聞いたら1本しか出してもらえず選択の余地もなかったです。
若い?(自称)から下に見られたんでしょうか?
味はおいしかったので残念でありません。

ぷさんさんへ

こんばんは。

たまたまでしょうかね?
若いから下に見るとかは絶対無いと思いますが。

そもそもお客に上とか下とかはありません。
もしそんなことやるお店があったら、すぐ潰れますよ。

メール案内くださいますよ

こんにちは!

来店したとき、アドレスお伝えしたところ、時々、季節の新メニューを、メール送信してくださいます。
絵も写真もなにもない、簡単なメールですけど、

貰った方は、嬉しいです。

むらっちゃんさんへ

うれしいですよね。
プランタンも節目には欠かさず送ってきますね。
こっちは郵便葉書です。

フレンチの???のお店も、奥様の丁寧な手書きの葉書が届きました。ここはそろそろ混みだしたみたいですよ。

藤田シェフは何処へ・・・?

ランディ様はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。今から6年位前、LMPのシェフだった藤田さんが独立し、一宮で「フーダルティフィス」という名のフレンチレストランを開業され、ジビエを中心とした、それはそれは美味しい料理を作ってらっしゃったのですが、開業後1年くらい経って近くを通ったら、お店は別の店に変わってました。あの時に食べたヤマシギの味がどうしても忘れられません。藤田シェフはその後、どちらかのお店に移られたのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら、是非お教え下さい。

行って来ました

ランディさん始めまして。
美味しいもの好きですので、
面白いHPに出会えて嬉しいです。
お店選びの参考になります。
今回はフレンチらしいフレンチが希望で、
一皿ごとにワインとマリアージュが楽しめるのが嬉しかったので早速LMP予約を取って昨日行きました。

大体皆さんここに書いてあること通りでした。
メニューにお値段が書いてないのでそのときはわかりませんでしたが コースにして12,000円のニースを戴きました。ワインは、それにあわせて、7,800円位の4グラスをお願いしました。グラスシャンパンも別にお願いしました。
シューの口取り、前菜2皿(豚のゼリー寄、フォワグラのテリーヌベリー添え)人参スープ、タラバガニのソテー 近江牛ミディアムレアなどなどだったかと。
お味のほうは、驚きもないですが特別裏切りもなく
ワインとのマリアージュも無難なところでした。
翌日朝胃がすっきりしていたのがよかったです。
一番すすんだのはシュー
スペシャリテか ジビエにすればもっと解ったかな。

ワインセラーは魅力的で、聞いていけば本当はもっと面白く飲めそうですが、ワインを楽しもうと通うには いつも食べたいようなお料理や、贔屓にしたい雰囲気ではないのでそれが残念。

平日な為かディナーで客は我々を含め2組で寂しくありました。そのためかお店にいい気が流れていない気がしました。
軽やかなサービスと人柄で
おいしく飲ませてくれるならセラーめあてにまた行きたいな。






たけちゃんさんへ

いつの間にか埋もれてしまってお返事遅れてしまいごめんなさい。

はじめまして。
藤田シェフは評判いいですね。ジビエを中心というのにもそそられちゃいます^^。
僕もぜひ知りたいです。

今後ともよろしくお願いします♪

およよんさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

詳細な報告ありがとうございます。
飲酒運転が厳しくなったこともあり、都心から離れた高級店の夜の営業はそんなもんなんでしょうか。この店のディナーで飲まないなんて酷ですものね。
僕は結構ガラガラのほうが好きなんですけどね^^。

オーナーソムリエの那須さんと仲良くなると面白いと思いますよ。

今後ともよろしくお願いします♪

藤田シェフは何処へ・・・?の答え。

藤田シェフはここにいます。http://www.r-shoto.com/
栄の丸善ビルの地下一階の松濤(しょうとう)って名前の
レストランにいますよ。

ジビエももちろんやってます、山ウズラ
ライチョウ、ヤマバト、


ヤマシギはあと二週間ぐらいしないと入らないそうです。

ありがとうございました!!

藤田シェフのお店を教えていただいて大変ありがとうございました!!
5年近くの間探していたので、本当に嬉しいです。
ご丁寧にお教えいただいてありがとうございました。
早速、行ってきます!

> たけちゃん さん

> たけちゃん さん

藤田シェフに伝えておきます。

ジビエが食べたいのであれば事前に予約をしてくれれば
ヤマシギでも何でも入荷するものであれば対応するっていってましたので連絡してから伺ってください。

最近は80年代のフランス料理に勢いがあった頃の星付きのシェフのスペシャリティーをやったりしてます。

藤田シェフの事を五年間も探してる人がいますよって話したら笑ってました。

ボチボチ本気を出して行くそうなので藤田祭りをお楽しみって言ってました。

              
  • [2007/10/15 22:34]
  • URL |
  • 藤田シェフの子分より。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

藤田シェフ

私も探していたんです!
「マルタン」で噂を聞き、「ランパンテ」でお料理を食べてからずっと!!!
情報ありがとうございました。

>藤田シェフの子分さん

ご連絡ありがとうございました!!
藤田シェフは、初めてお会いした時から才気溢れる方でしたから、またこうしてお料理がいただけるのを大変楽しみにしてます。事前にしっかりと予約して、お邪魔しようと思います。それにしても、藤田シェフ、大人気ですね。藤田祭り(笑)、楽しみにしてます。

ランディへの質問??

ランディさんは藤田シェフの料理を食べたことがありますか?

ちなみに私はル・マルタン・ぺシェール、フーダルティフィス、ランパンテ、On Dining(この店に行った事のある藤田さんファンはなかなかいないと思います、、居酒屋ですから
Ψ(`∀´)Ψケケケ )

てな感じにすっかり藤田シェフの料理に魅了された一人です。
まだ召し上がった事がなければ是非ジビエが食べれるこの時期に食事に行ってみてください。

松濤(しょうとう)http://www.r-shoto.com/

ちなみに今日の前菜は自家製スモークサーモンとホタテとポワローのプレッセのテリーヌとメインは雷鳥をいただきました。

名無しさんへ

ランパンテは料理もおいしくちょくちょく行ってましたよ。
でももう13年以上前になりますが。

松濤のサイト見ました。フレンチだと思っていましたがイタリアンなんですね^^。よくある仏伊混合みたいなメニューですね。
僕は、フレンチとイタリアンはまったく別物だと思っているのでちょっと微妙なところです。

仏伊混合

前菜メインの2プラで食べれば完全完璧なフレンチで出てきます。

ランパンテ13年以上前

残念ながら13年前藤田シェフはいません、安藤さんとか矢山さん(ムートンの)の時代ですね。

ランパンテに藤田シェフがいたときは毎日通ってました。
なんせシェフの料理が一皿千円~食べれましたから!!

名無しさんに質問です

藤田シェフはちょこちょことお店を変わるのですが、
彼を追いかけるにはどうすればいいのでしょうか?
もうこれ以上彼を失いたくありません。
  • [2007/10/17 08:41]
  • URL |
  • シェフの追っかけ志望
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

シェフの追っかけ志望 さんへ!!

藤田シェフはとりあえずは松濤にいますので、
その間に何回か通って美味しい料理を食べてデザートが出る頃を見計らってずっと探してましたって呼んでください、
忙しく無い限りテーブルまで来てくれますから。

あとジビエが食べたいのであれば前もって電話で予約していったほうがいいですよー。
ジビエが売り切れて事もありますので。
夜でアミューズ、前菜(テリーヌ)、メイン(山ウズラ半身)アバンデセール、デセール、コーヒー又は紅茶で五千円でやってくれるって言ってましたよ。

ジビエもぞくぞくと入り始めてるので藤田祭りが終わらないうちに伺ってください。


松濤(しょうとう)http://www.r-shoto.com/

名無しさんへ

ありがとうございます。
赤ピーマンのムースを食べに来週行ってきます。

名無しさんやたけちゃんさんとお会いするかもしれませんね。

ランディさんは暫く来て欲しくないなぁ・・・・・。(本音)

  • [2007/10/18 08:50]
  • URL |
  • シェフの追っかけ志望
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

藤田祭り参戦w

私も早速予約を済まし、急遽来週、藤田祭りに参戦することになりました(笑)。ヤマシギの入荷は今の所不明だそうですが、久しぶりの藤田シェフの料理を楽しんでこようと思います。ひょっとしたら、名無しさんやシェフの追っかけ志望さんのお隣でワインを飲んでるかもしれませんね(笑)。

私も藤田さんのお料理が大好きな一人です。リストランテ松濤に行きました。一言、お店、お料理素敵でしたよ。女将の新美さん、素敵!クリスマスは松濤さんに決まりです。
  • [2007/10/20 18:39]
  • URL |
  • 藤田シェフファン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

情報ありがとうございます。
値上げしたんですか。おいくらぐらいですか?
おっしゃるとおり最近安くて美味しいビストロが台頭してきましたからね。

確かにそう感じられるお気持ちもわかる気がします。
僕でよかったらまた聞かせてください^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

最近の料金のことはわかりませんので、不安であれば一度確認してみてください。もし行かれましたらぜひご感想お聞かせください。

キタムラ・・ランチで確か5500円ですよね。フルコースということを考えればそれほど高くもないですね。このブログの予算オーバーにはなりますけど機会があれば行ってみたいお店です。

初めまして?かな。
私、本山で那須さんのワインスクールに携わっておりました。
現在は何故かPC関連の仕事などしております。
那須さんのお店には、藤田シェフがいらした時に、
数回お邪魔させていただきましたが、
ご無沙汰しており、なんだかとても懐かしい思いです。

あ~っ!でも私喫煙者なので、ランディさんには、
ぶっ飛ばされちゃうかな^^;
でも、美味しいもの大好きなので、またお邪魔させていただきます。
お許しを・・m(__)m

naoぴさんへ

はじめまして?・・
ということはワインスクールでお会いしていたかもということでしょうか^^名古屋は狭いですからね。どこでつながりがあるかわかりませんよね。
確かにおいしい食事の席で喫煙されると???と思いますが、そうでなければ別に大丈夫ですよ^^
今後ともよろしくお願いします♪

初代シェフの藤田さん

報告します!!

初代シェフの藤田シェフがルーセントタワーの一階の
ブラッセリー・ラペルーズに居ます!!

「藤田シェフの子分」、「名無し」、「。。」、「ケロヨン」、「セルベル」、「ロニョン」さんへ

ここで藤田シェフの応援をするのはかまいませんが、
ハンドルネームは統一してもらえないでしょうか?

ジビエ

先日、夜に行ってきました。
相方は9000円?のコース、私はジビエ希望でアラカルト。
赤山ウズラと山鳩が8千円、雷鳥は16千円!(半羽可能です)。やっぱりジビエはそれなりのお値段(でも他のお店より高いかも)。
雷鳥にしましたが、皮の臭みがなんともジビエという感じ、満喫でした。

那須さんはオーラが強いので(優しげというよりは、きりっとそつのない感じ)、はじめての訪問だったり、人によっては苦手かもしれませんね。
  • [2008/11/05 14:07]
  • URL |
  • しゃんぱーにゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

しゃんぱーにゅさんへ

雷鳥おいしそうですね!
僕もぜひワインと合わせて楽しみたいものです。

少し誤解を与えてしまうことがあるのでしょうか?
礼儀正しくとても良い方なんですけどね。

フランス料理vsイタリア料理

イタリアンだとジビエはどう料理するのでしょう?
機会があったらフランス料理vsイタリア料理の技巧・味付けの違いを解説していただけると嬉しいです♪
  • [2008/11/07 02:59]
  • URL |
  • しゃんぱーにゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しゃんぱーにゅさんへ

細かい料理名、ソースの種類、地方による特色など話し出すときりがないので、おおまかにいきますね。

もともと両者は似てるんです。ご存知でしょうけどイタリア料理がフレンチの元祖です。
違いはといえば僕も以前から言っているように、イタリア料理はマイナスの料理、フランス料理はプラスの料理です。
なのでイタリアンは素材を生かしたものが多く、フレンチはソースの主張の強いものが多い。
とはいえ近年フランス料理もマイナスの料理に近づいてきて両者の差異は非常に接近してきています。
今となっては調理人による違いの方が大きいのではないでしょうか。

だからジビエ料理も似たようなものです。ソースのクオリティはイタリアンだと劣ることが多いでしょうけどね。有名店でも「焼いて塩とレモン」だけなんてこともあります。麻布ダノイなんてそんなイメージがあるなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

あくまで全体的に見ればソースの完成度はフレンチの方が上だということです。しかもそれはソース単体の完成度あって、素材とのバランスまで含めた、一つの「皿」という視点で見れば優劣はつけられません。

結局、自分と嗜好の合うシェフの店を選ぶのが一番だと思います。

はい、ぜひご報告お待ちしています♪

とっても良かったです♪サービスもお料理も、そしてもちろんワインも!!

ランディさん
こんにちは。
2度目の投稿になります。
昨日、このお店へ行ってきました♪
ちょうどお店の9周年ということで、グラスシャンパンをサービスで頂きました。
とても丁寧で、サービスが本当に心地よく楽しいお食事が出来ました。
お料理に合わせて勧めていただけるワインも、少ししか飲めない私たちに調整して出していただけたり、本当に心のこもったサービスをしていただけました。

このお店に行って、良かったです♪

Arisaさんへ

こんばんは。
ご満足されたみたいで良かったですね。
ここも料理ごとに合うワインをグラスでサービスしてくれるんですかね?

僕もそろそろまた行ってみたいです。

ほぼ1年ぶりに行ってきました。
予約時にこの7月からお店の形態が少し変わり、
ディナーは7,500か12,500のコースのみ、アラカルトは
なしと言われました。
行って納得、お店にいたシェフ2人を辞めさせ、
那須さん自身がお料理、もう一人のソムリエの方が
デザート担当で、「ソムリエが作るフレンチのお店」
だそうで・・・
那須さん、上着脱いでエプロンかけてお料理出し、
お勘定とお見送りの時はまた上着着てとお着替えも
たいへんそう。
この日は、カウンターに2組だけで、ギリギリの
感じを受けましたから、テーブルにもお客様が
いらっしゃったら、無理そうな。
ランディさま、一度ご様子見て再評価下さい。


  • [2009/11/02 10:33]
  • URL |
  • himekichi
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

himekichiさんへ

情報どうもありがとうございます。
「ソムリエが作るフレンチのお店」ですか。
那須さんならやってくれそうな予感がします。
行ってみたいなぁ。

教えてください

とあるレストランのシェフのおススメで近々訪問を考えているのですが、
夜の場合、那須ソムリエのセレクトワインをいただいたら、どのくらいの予算になるんでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/148-66c6a090