7日目チーズ工場見学 

人気ブログランキングへ
→飲食店人気ブログランキングへ


おかげさまで大好評。3刷決定!!
書店及びアマゾンにて発売中

ur200




おはようございます。
こちらは朝の6時。ミラノからボローニャまで215km。ユーロスターイタリア(イタリア新幹線)で約1時間。運賃は19ユーロ。日本の新幹線高過ぎ。ぼったくりですね。




iPhoneネタですが、イタリアに来る直前にリリースされたios 6.1.2に日本でアップデートしてきたら、バッテリーの持ちが劇的に伸びました。充電せずに丸一日使い続けられるようになってうれしい。


今車内販売が来たけど、さすがイタリア、エスプレッソマシン付きのカートでした。



ボローニャ中央駅に到着。



イタリアの駅は有料トイレが多いな。
ここは1ユーロ。パルマのは70セント。
綺麗なのでうれしい。



待ち合わせまで時間があるので、バールへ






チンバリ



カプチーノと野菜ロールで5€


イタリアは法律のおかげで、どんな店でも禁煙なので、屋内であればどこも安心でうれしい。
その代わり、駅構内や路上ではタバコを吸ってる人がほんとに多い。タバコの値段はそこそこ高いはずなのに。女性もバンバン吸っていらっしゃる。

まぁ元は喫煙大国だから、これでも減った方なのかな。



雪と霧に覆われたボローニャ
まずはチーズ工場に向かいます。



ここで前日のミルクを寝かせて、分離させる。




深さ2mの鍋に、



朝の乳を混ぜて計1200リットルのミルクとレンネットを入れ沸かすと、



固まります。










2個分の塊が取れる。
つまり、600リットルのミルクから一個のパルミジャーノが出来る。



それを型に入れ、



水分を抜き



ある程度乾燥させる。



乳清を味見させてもらう。

ほんのり甘くて身体に良さそう




プラスチックのパルミジャーノと書かれた型を巻き付け



イタリアの飽和海塩水に1ヶ月弱漬けたら、



棚で熟成させる。



付着したカビは、



現在は機械が自動で清掃してくれる。



最低12ヶ月熟成させる。
最長は5年物もあるらしい。






穴が出来てもOK



これらは膨らんでしまってダメ



ダメなものはパルミジャーノの文字が削られる。



完全にダメではないものは、中途半端に削られる(笑)



工場直売価格







チーズおろしを購入 4€



マラネッロ村のバルサミコ酢工場へ



バルサミコ酢用のぶどう畑
トレッビアーノとランブルスコだったかな



ここでは、昔ながらの薪釜でぶどうジュースを煮詰める。



まずステンレス容器で三ヶ月熟成


大きい樽で三年寝かす。
この辺りは夏熱くて、冬が寒いので、夏の間に半分に蒸発する。




三年経って8分の1に減ったら、小さい樽へ移してさらに熟成させ完成。



クララさんが、25年ものを味見させてくれた。







15年もの10€を購入。

ヒノキの樽で25年熟成させた物もあり、ホントに檜のかおりがするので購入。20€

どちらも日本ではあり得ない価格。



ここは、マラネッロ村なんだよな…フェラーリの本拠地だよな


でも、道をフェラーリが走っているのは見かけなかったです。



岐阜のこの村と姉妹都市提携する予定とか…



クララさんにカレンダーもらっちゃった



フェラーリの本社工場!
見学も試乗も出来るって!!
次回は来たい!



ワイナリーへ



ぶどうの糖度を測るところ



除梗機



果皮とジュースを分ける機械




やたら発酵タンクがでかい。

単価の安いランブルスコなので、大量や生産する必要があるかららしい。




フルオートマチックボトリングマシン









54リットルの樽売りも



直売価格表




テイスティングさせてもらい




おいしかった、希少なピニョレットとランブルスコ・ソルバラを購入。



ケースで買って日本に送りたいけど、完全に送料のが高いもんな



ランブルスコのシンボル


ランチはモデナに向かいます。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ

関連記事

コメント

名医 麻生泰のつぶやき

はじめまして名医の麻生泰です。
とても面白かったのでまた来ますね!

ランディーさんいつも楽しくブログ見てます。ありがとうございます。25年物のバルサミコは、日本で買うとかなり高いのでしょうか。およそいくらぐらいするのでしょうか?あと
ビンコットとバルサミコは、味は、ぜんぜん違うのでしょうか?フランス料理をやってる私ですが、フレンチで使ってもあいますか?質問ばかりですいません。
  • [2013/02/26 23:34]
  • URL |
  • 豊橋のフレンチ、ラ・スリーズ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ラ・スリーズさんへ

いつもありがとうございます。
詳しい値段のことはわかりませんが、これと同じレベルのものであればもっと高いと思います。

ヴィンコットより、バルサミコの方がお酢だけあって酢っぱいです。
フレンチでも最近はバルサミコ酢を使うお店が増えてきましたよ。

懐かしいです。

いつも楽しく拝見しております。
ずっと見るだけだったのですが、新婚旅行で行ったチーズ工場とバルサミコ酢工場と同じ所が紹介されていたので、コメントしてしまいました。

VAL TIEPIDOでは乳清を飲むことが出来たのですね。
私は見るだけだったので羨ましいです。

ACETILA CLARAのバルサミコ酢は美味しいですよね。
年代物は香りが強いので好みが分かれそうですが^^;。
10ユーロなんて、日本ではありえない価格ですよね。
現地では全然気づかず、日本に帰ってきてから驚きました。

その地域では生ハムも有名ですが、クラテッロ・ディ・ジペッロも素晴らしいですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/1698-c7fff048