オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ~その1~(フランス料理) 中村区名古屋駅 総合64点 

blogrankingbanner
→★飲食店情報は人気ブログランキングへ★

今日は「オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ」(ミッドランドスクエア)の紹介です。
フランス東部の豊かな自然に囲まれた、ミシュランの3つ星を40年間守り続けているフレンチレストラン「オーベルジュ・ド・リル」。
今回「ひらまつ」との提携により初の海外進出を果たすことになった。

ちなみにミシュランの星の定義については、知らない方も多いと思うので、ここで紹介しておく。
3つ星・・・そのレストランを訪れるために旅行を計画する価値の有る店
2つ星・・・旅行を遠回りしてでも立ち寄る価値の有る店
1つ星・・・旅行の行程で通るのであれば立ち寄る価値の有る店



lillnaka
ここはあの森田恭通氏(ゼットンのほぼ専属デザイナー)がプロデュースしている。
メインダイニング上のシャンデリア。なんと木製!日本最大級4m!
構造上はスチールの上に天然のオリーブ突き板が張られているらしい。
見ごたえたっぷり。


lillwc
トイレの洗面台は高級ホテルのそれを思わせる。耳掻きなどアメニティグッズも充実。



lillwait
ウェイティングスペース。豪華な椅子に座り南側の夜景を堪能しながらしばし客席の準備が整うまでの時間を過ごす。灰皿も置いてあるので、愛煙家の方の喫煙スペースでもあるようだ。でも残念だったのは、ここは入り口からメインダイニングに通じる途中にあたるため、ここで吸ったタバコの煙がメインダイニングに流れ込んでくる。実際そうだった。支配人いわく今後改善を検討しますとのこと。
あとは、もしここで愛煙家の方とご一緒することもあるのかと思うとそれも困るよね。女性なんかはきれいな洋服着てきてるわけだし臭いが付くのも気になるだろうし。


lilltable
アースカラーの目立つテーブルセッティング。緑と太陽に囲まれたフランスの本店をイメージしたのだろうか。ランディ的には高級店みたいな重々しさがなく好印象だ。
見せ皿の上には、今日のメニューの詳細が置かれている(¥8400のでお願いしますと予約時に言っておいたため)。


lillbutter
手前が有塩、奥が無塩のバター。両方出す店は初めて。



lillpane
温めてサーブされる自家製パン
料理の邪魔をしないて程度にほんのりした全粒粉の甘みの素朴な味わいで風味の良いバターにも良く合いいくらでも食べられそう^^。
当然なくなりかけたらすかさずお代わりが出てくる。


¥8400のコース×3名で予約しておいたものの、一応確認してくれる。
ここで嫌いなものがあれば変更も可能。僕たちはデザートを3人とも別々のものにしていただいた。ご無理言いましてごめんなさい。

ここで食前酒がワゴンで運ばれてくる。シャンパンぐらい飲みたかったが、このあとグラスワインを飲む予定もあり、予算オーバーの恐れを感じ断念><。

水は有料。ガス入りかガス無しかを聞かれる。ランディたちは両方オーダー(各1本¥1200 1ℓ入り)。

lillamuse1
アミューズ。
待たされることなくすばやく出てくる。詳細はしょっぱなで頭の中ががドタバタしていて忘れちゃいました。まぁ味はそこそこなのであえてレポの必要はないと思います。もちろん揚げ物は揚げたて。



lillamuse2
第2のアミューズ。エスカルゴのフリット パルメザン風味のポレンタ添え
写真よりもかなりこじんまり。エスカルゴが苦手な人でも串カツ感覚で
食べられそう。ポレンタとはとうもろこし粉を練り上げたもので、北イタリアの代表的な伝統料理なので一瞬2週間後に予約してある隣の「エノテカピンキオーリ」に来ている錯覚に陥った^^;おまけにパルミジャーノの風味もたっぷりだし。無難においしい。



lillfoie
フォアグラのポワレポルト酒風味 アンディーブのコンフィとパンデピス
質の良いボリュームのあるフォアグラが絶妙な焼き加減で供される。
味付けはポルト酒によるオーソドックスなもの。塩はちょっと薄いぐらいの感じだった。付け合せも少しだし、まさにフォアグラを食らう一品。



lillvin
グラスワイン シャトーサンソネ2000年 ¥?
あとで領収書をよくみたら、なんと会計されていなかった!
こんな間違いもするのね。

「まろやかでタンニンの効いたものを」との注文でこれが出てきた。
値段は高いが、さすがにどこのグラスワインよりもおいしい。甘み深み香りが高次元で最高のバランス。あとから湧き上がる心地よいタンニンが料理とあわせたあとの後味をすっきりさせてくれる。ぜひ飲んでみてください。


lillkaeru
グルヌイユのムースリーヌ“ポールエーベルラン”
偉大な先代である現シェフの父の名を付けたこの店のスペシャリテ。


lillkaeruup

カエルはプリプリしている。日本では馴染みのない食材だが、味は鶏と貝の間みたいな感じで、独自のクセもほとんどないので、カエルがイメージ的に嫌な人でない限り食べられる。ムースはちょっと固い。もうちょっとシュワシュワっと柔らかくなめらかな繊細さが欲しい。その方があっさりしたスープ仕立てのクリームソースにも合うと思う。青菜はかなり塩味がきつい。上のトマトのピューレは必要性を感じられなかった。
これがそのまま三ツ星レストランのスペシャリテといわれると正直首を傾げたくなる。本場のそれはいい方向にこれとは微妙に異なるのではないだろうか。


メインのあとにチーズがワゴンで運ばれてくる。これも別料金なので断念しました^^;


そのあとに、食後のソフトドリンクメニューが運ばれてくる。これも別料金(コーヒー¥600~)なのだが、ギャルソンが「よろしければ・・」を連発していたのは好印象。


lillputit
プチフール。
甘いもの苦手のランディでも全部つるんと食べられる。一つ一つの味わいが濃く丁寧に作られている印象。



lillputit2
プチフール ベニエ。
揚げたて。しつこくなく軽い仕上がり。やさしい三温糖の甘みで普通においしい。



lillbeer
柑橘類のジュレ 自家製パンデピスとビールのアイスクリーム
¥8400コースの標準デザート。ビールのアイスはビールの苦味のバランスがとてもよくおいしい。柑橘類のジュレもフルーツの酸味がしっかりしているのでぼやけた感じもなくバランスの良い一品。



lilldessert2
イチゴのミルフィーユ ヨーグルトのアイスクリーム添え (プラス¥1000)
ご無理を言って交換してもらった。ミルフィーユは生地が重たいものも多いが、ここのは極薄でパリパリの生地と、良質なカスタードでさらっと食べられる。足りないぐらい。
ヨーグルトのアイスは大変なめらか。酸味はそれほどきつくなくやさしい味わい。



lilldessert3
ペーシュ エーベルラン (プラス¥1000)
これもシェフの名前を付けたこの店のスペシャルデザート。
ご無理を言ってお願いした。
右のザバイオーネソース(甘口ワインと卵黄を湯せんにかけながら泡立てて作るソース)の中には丸ごと桃のコンポートが入っている。これもイタリア料理の定番だ。僕の店のスペシャリテでもあった。これ簡単でおいしいので近くランディレシピで紹介します。卵の香りとワインのアルコール分が香る大人のデザート。ピスタチオのアイスはほとんどピスタチオの味がしなくて残念。

このあとにも、化粧ケースに入ったチョコレートのサービスがある。欲しければいくつ食べても良い。どれもとてもおいしい。


次々とワゴンサービスが来て、どきどきしてしまうこともあると思うが、有料なものはきちんと説明してくれるし、「よろしければ・・・」と前置きもしてくれるので初めてでも安心してくつろげる雰囲気はさすが。

熟練のスマートなサービスの中で適度な緊張感はあるものの、メートルドテルの方が絶妙のタイミングで笑いをとるかのような会話を投げかけてくるため、超高級店にありがちなかたっくるしさがなく、くつろいだ雰囲気の中で、食事を楽しむことが出来る。これが三ツ星のサービスの真髄かもしれない。

最後に、午後9時になるとそれまで閉じていたカーテンが開き、摩天楼の夜景が姿を見せる演出もなされる。

ただ、料理だけとってみれば内容からして、やはり相当に値段は高い。良いサービスにしても、高額なサービス料(13%)をとられることを考えるとやはりコスパは相当に低くなってしまう(2007年3月30日)。


→オーベルジュドリルナゴヤ ~その1~
  
→オーベルジュドリルナゴヤ ~その2~

→オーベルジュドリルナゴヤ ~その3~


>>応援よろしくお願いします人気ブログランキングへ


ランディの評価
20★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆  (30点満点)
12★★★★★★☆☆☆☆  サービス(20点満点)     
 9★★★★★☆☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 8★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 8★★★★☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 3★★★☆☆          (5点満点)


点数1点刻みに変更に伴い見直しました(2008年1月23日)
コスパ相対的に見直し(2008年3月5日)
お値打ちランチによりCP1点プラス(2008年11月7日)
サービスマイナス2点、雰囲気&清潔度各マイナス1点(相対的見直し)(2010年1月14日)
サービスマイナス2点(2010年3月23日)

       
L'AUBERGE DE L'ILL NAGOYA
名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア42階
地図はこちら

ホームページ
電話:052-527-8880(要予約)
営業時間 
11:00~14:00LO
17:30~20:30LO
定休日なし
喫煙場所のみで喫煙可能


ランチ¥2940(平日のみ)、¥4200、¥6300、¥8400、¥10500
ディナー¥10500、¥12600、¥16800、¥21000、¥26250 他アラカルト

※サービス料13%別途 
※コースは全員同じ料金のもので

→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ

関連記事

コメント

こんにちわ。
まだ書きかけだったんですね★
とっても詳しくかかれていて、、、
味をいろいろ知ってらっしゃるんですね。

あたしなんかがいうのもなんですが、
過去の日記や、味の好み、お店への考え方とか、
拝見しましたが、共感しちゃいます★

日記の続き、楽しみにしております。

はじめまして。

こんにちは。初めまして。
とても素敵に写真を撮ってますね。見ていると、舌の上に味がこみ上げてくるようです。

シェ・トトが私は好きです☆

ランキングの上位に入っているのを見て、うれしく思いました。

おいしいものを共感できるのはすばらしいことですね。

オーベルジュは素敵ですよね♪

はじめまして~~kiraraと申します
ミッドランドスクエア、とっても楽しいですよねv-221
3月はミッドランド月と思えるくらい3日に1度は行ってるかも??
オーベルジュでもディナー&ランチをしましたけど、
ホント素敵な雰囲気で美味しい食事が楽しめ大満足でしたv-271
kiraraもブログで紹介しましたが、ランディさんのように写真は綺麗ではありませんが・・・
メニューは同じかもしれませんね~~次回も楽しみです

はじめまして

はじめまして
まりーと申します
表示のしかたがわからないので
失敗したらごめんなさい

あらためて・・・

はじめまして、まりーと申します
 
以前行ったお店を検索したら、ここに着きました
ランキングが1位で とてもうれしくなりました

ところで 味のランキング1位が22点で11位のトルヌソルは24点ですね

加算方法は読みましたが
ランディさんとしては、やはり、味だけでみればトルヌソルさんが
ダントツって感じですか?

料理って、雰囲気やサービスなどによって
本当に感じかたが違ってきますよね

まりーは、もちろん総合的に素晴らしいお店に、行ってみたいと思っています
でも評判や外観、値段はすばらしくてもね~残念って、
思う有名店ってありますよね

素人のまりーですし、偉そうなコトはいえませんが
でも1人の客がそう感じたと言うことは 事実ですものね

それで、味について ランデイさんの真の評価が、知りたくなってしまいました
1位~7位の同点22点は コンマいくつ、鼻先の差・・(爆)で、どうなんでしょう?って(∩_∩;)

これ、素朴にして、とっても知りたい って思います
時間が、かかっても、いつか、いつか
教えていただけたらな~


本当にながなが、すみません
ランデイさんの 新しいファンの1人として
加えて下さいね

それでは、これからもHP楽しみにしています


チョコレートのワゴンサービスなんて無かったです!(チョコ好きとしては…ここに一番食いついてしまいましたw)

それにしても、水と食後のドリンク、有料だったんですか。
私の時は特に何も言われなかった様な…??
ぼ~っとしていて聞いてなかった可能性も大ですけれど。
コース料金によってその辺の設定も違うのだとしたら、安易に鵜呑みにして行くと、最終的には予定外のお支払いになってしまいそうですね。

お店に行ってから10日程になりますが、今もう一度食べたいものは?と聞かれたら「パン」と答えそうです。あのパンは美味しかった…。
って、シェフにガッカリされそうなコメントですね^^;

ザバイオーネソース!!
思い出せずに悶々としていたので、スッキリしました(笑)
レシピも楽しみにしています♪

やっぱり、一流のリストランテのオモテナシの様ですね・・・
こういった雰囲気、サービスを重視するお店も行って見たいとおもいますが・・・
好き嫌いの多いダッチには・・・厳しいかなぁ~~~
エノテカの方に行くかも・・・と息こんでいたんですが・・・ なんだか行った方のコメント見ていると・・・
躊躇しつつあります。
結局は雰囲気・場所代・サービス料が大半を占めているような・・・
好き嫌いが多いダッチが、好きなものを美味しく食べたい!という思いだったら、やめておいた方がいいのかなぁ~~~~~~~

実花さんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。

共感していただけたようでうれしいような照れくさいような^^
有機野菜購入されたのですね。
僕も毎日有機野菜のジュースだけは欠かさず飲むようにしています。

これからもよろしくお願いします♪

おみやさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

写真もっと時間をかけてじっくり撮れたらといつも思いますがなかなかそうも行かずストレスたまります^^;
でも食事の流れも大切ですしね^^

シェトト・・味、親しみやすい雰囲気共、素敵なお店ですよね^^混みすぎなのが難ですね^^;

今後ともよろしくお願いします
またお気軽にコメントください♪

kiraraさんへ

こんばんは~
ミッドランドもなかなか粒ぞろいなのでついつい足が向いてしまいますよね。まぁ僕の場合こんなこと続けていたら破産してしまいますけど^^;
今度は映画を観にいきたいですね^^。

いえいえkiraraさんの写真とっても綺麗に撮れてますよ。
これからも参考にさせてくださいね♪



まりーさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

結論から言えば、味だけとってみるとほとんど甲乙つけがたいのがフレンチの印象です。逆に言えば、今のところ突き抜けて美味しいというところもないと言うことになります。
そんな中、トルヌソルが高得点なのは、やはり一組貸し切り状態で目の前で自分のために作ってくれるからでしょうか。
洗練されていると言うよりは家庭っぽい料理なのですが、
心のこもったマンマの味は心に響くおいしさがあります。

オーべルジュ・ド・リルにしろたった一回のディナーだけで判断するのは非常に難しいです。もしカエルが肉料理だったら・・もしスープが出てきてそれが美味しかったら・・おそらく24点になっていたかもしれません。
でもこんな高いお店に何度も行くなんてとても出来ません。

このことについてはいつも悩んでいることで、またあらためて皆さんにはゆっくりご説明しようかと考えています。

細かい点数をつけてはいますが、工業製品のそれとはまったく異なり、数値はあくまでも目安と言う感じで今のところご理解をお願いします。

ランク付けというとネガティブなイメージもありますが、まぁランディと言う一人の食いしん坊の心の中の順位と言う感じで受け取っておいてください。

これからもよろしくお願いします。
またお気軽にコメントくださいね♪

なるぅさんへ

こんばんは~

はい、木箱に入った自家製チョコがサービスで運ばれてきました^^
どうしてなかったんですか?最近はじめたのかも?

食後のドリンクはランチには付いてるようですが、夜は別料金でした。
確かに、水と、食前酒やグラスワイン、ソフトドリンクを追加しただけで普通のディナーコースが食べられちゃいますね^^;

ザバイオーネ・・大人のソースですね♪


ダッチさんへ

こんばんは~
確かに選択肢は少ないですね。
変更料金だけでもばかにならないですしね。

そうですね、やはりコスパの面から見ると僕のような一般人には特別なシチュエーションでの利用に限られるようです。
ディナーで¥8400という値段は頑張っているなとは思いますけど。

こんにちは

ランディさん
こんにちは
コスパからすると ここらへんのお店は ランディさんのブログの範囲ではないから レポはないのかとあきらめていましたが、レポうれしいです♪
一回はやっぱり地元民として行ってみたいですね。
まあ お値段は場所柄こんなもんかな?って 思いますが、選択肢が少ないのですね。
お魚とお肉など 選択の余地はないのかしら?
カエルが受け付けれない場合どうしたらよいのかしら??と、ちょっと考えてしまいました(笑)

色付きの文字
こんばんは。素敵写真と美味しそうなリポートありがとうございます。

リル、一度は行ってみたいけど、ワゴンサービスがネックだなぁ。
所定のメニューだけで十分だけど、毎回ワゴンサービス断るのも居心地悪そう…(サービスなら、タダでもいいのにな…なんて貧乏臭いこと思っちゃいました)

私は、カエルやエスカルゴよりも、普通に牛かラムかチキンで上質な味を希望…となると、ここよりもオーソドックスそうな「エノテカピンキオーリ」の方がいいでしょうか。

初ボーナスが出たら両親連れてミッドランド行こうかなと思ってます。(父親はカエルなんて行ったらヒックリカエルタイプです)

ちなみに、ランディさんは、チャレンジングな素材もお好きですか?私は兎もカモとか一度は挑戦してみましたが、嫌いじゃないけど保守派のようです。
 もう一つ質問ですが、いわゆる「nouvelle cuisine」っていうのは、素材じゃなくて調理方法のことなんでしょうか?例えば名古屋ならどこの店のことが分類されますか?

マネージャー

こんにちはランディさん。
リルは流石三ツ星、おいしいですね。塩味が若干強いのは、アルザスなど田舎系の特徴ですね。これでも大分日本にあわせて抑えたようです。あと、名古屋では若干量が少なめに感じられるでしょうか。
お高いですが、いくつかお気に入りのお店とあわせ、それ以外のお店とは段階の違う味で、その違いにお金を払うかということですね。とはいえサービス料13%というのは、チェックの時に改めてびっくりさせられますね。
マネージャーは、「メートル・ド・セルヴィス」というフランス料理のサービスコンクールで優勝したこともある方です。フレンチにありがちな恐いくらいの堅苦しさがなく柔らかで、寛ぎながら食事を楽しませていただけます。さすがだと感心しました。

ふさんへ

ふさんて、ふ~さんですか?間違ってたらごめんなさい。

そうですね。ランチならまだ安いですから一度行ってみて下さい。カエルじゃなくて子羊みたいなのできっと食べやすくて問題なくおいしいと思います。

選択の余地はあまりないようです。嫌いなものはチェンジしてもらえますが。僕もひとつカエルをスズキに変えてくれました。ホントはお肉が良かったのですがそこまでは言いにくくて^^;

しゃんぱーにゅさんへ

はじめましてですよね^^;?
最近覚え切れなくてわからなくなってきているので、違っていたらごめんなさい。

塩味はフォアグラは逆に薄味のように感じました。
肉系には塩が強め、クリームやスープ系には薄めの方がご飯が主食の日本人の舌にはなじみやすくて合うと思います。
今回に限っては逆でしたね。とはいえ問題のない範囲内でしたけど。

あのマネージャーさんそんな経歴をお持ちでしたか。
よくご存知ですね。素敵な情報ありがとうございます。あのマネージャーの存在で皆さんリラックスした雰囲気で食事が出来ているようでした。


今後ともよろしくお願いします♪


kkさんへ

こんにちは!
ワゴンで迫ってくるのは、最初の食前酒と、食後のチーズだけです。でも頼まないといけないような雰囲気はまったく感じさせないサービスですのでご安心ください^^。
普通に水だけ注文して帰ってきても全然大丈夫ですよ。

そうですね。この味だったら僕もここはラムとかの方がお客は喜ぶんじゃないかと思いました。

今度はピンキオーリ行って来ますので(4月半ばです)またレポみてください。

はい僕はチャレンジングな素材めちゃくちゃ大好き派です^^。ただ素材が悪かったり調理が下手だったりするととってもまずいものになるので、お店を選ぶ必要はありますが。

ヌーベルキュイジーヌというのは、最初は主には、料理方法のことだと思います。伝統的なバターや生クリームたっぷりのソースから、それらを出来るだけ控えたヘルシーな料理のことです。近年は素材も野菜などヘルシーなもの中心の料理が増えてきて、緑区のプランタンなどはそれの代表じゃないでしょうか。
最新のフランスでは、「キュイジーヌモデルヌ」というヌーベルキュイジーヌにモダンな感性を取り入れた料理が流行しているようです。

でも僕はムッシュカズの田中氏がシェフをしていたころの昔のミルポアのようなおいしいソースたっぷりのフレンチも大好きです。

ごめんなさい

ランディさん ごめんなさい
ふ・・・は「ふみふみ」でした。
入力ミスでした。

一応 苦手なものへのチェンジは出来るのですね。
安心しました。

春休み過ぎたら ランチデビューでもしてみたいです。

謎が解明

初めまして、こんにちは。名古屋のcatです。
お写真綺麗ですねぇ。再訪した気分を味わえました(^^)

最上階で見晴らしが良いはずなのに
何でカーテンを閉めているんだろうと思っていたのですが
午後9時に摩天楼の夜景が姿を見せる演出だったんですね。
そうなんだー。
私は窓から遠い席だったこともあって、気がついたら
「あ。外が見える」といった按配・・・(^^ゝ
こんな鈍感なお客相手で申し訳なくなりました。

 ++ でも、せっかくなら夜景が引き立つように
 ++ 照明も落としてくれればいいのに・・
 ++ あの明るさは妙齢の女性にはチト辛いかも。

全体としてはかなりの出費になってしまったのですが
お料理全体のお値段に対して、
デザートやチーズの値段は随分と押さえてますよね。
開店間もなくて、色々と手探りなんでしょうけど
東京から応援に来ているというソムリエさんが
色々と気を利かせてくれて、とても快適に過ごせました。
・・・といってもMenuが変わるとか、何かヨイショがないと
なかなか再訪し難いお店ではありますね。

PS
サバイオーネソースのレシピの紹介、楽しみにしてます!

catさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます^^
catさんのブログ拝見しましたところ、料理やお酒についてとても詳しく書かれていますね。特にワインやチーズはとても参考になります。

シェ・トトがたくさん載っていたのもうれしかったです。
他にも東京や大阪、外国など僕がいろんな意味で行けないけど行ってみたいところにたくさん行かれてるようでうらやましい限りです^^;

レシピですか?あれめちゃくちゃ簡単すぎてお恥ずかしい。
それにしてもcatさんの超本格レシピには脱帽です。
これからもいろいろと勉強させてください。
今後ともよろしくお願いします♪

横になりますが・・・

ランディさん、こんにちは。

トトは、我が家のお散歩圏内の立地ということもあり
仕事が遅くなった時、ワインが飲みたい時に
「じゃあ、トトにでも行くか」みたいなノリで使ってた
店なんですが、最近は、そうもいかなくなりました。
予約をしないと入れない店になってしまって、
今年に入ってから、もう何回もフラレ続けてます。

繁盛ぶりは嬉しいのですが、
わざわざ予約して出かけた人がどう感じるかが気に係り
「予約が取れないフランス料理店」という噂が
1人歩きしないか・・・とずっと心配してました。
今のところ変な反動はあまりなさそうなので安心してます。

新しいお客さんが多くなると、
肉の焼加減に文句を言う人も少なくないようで
火入りを強めにしてしまうこともあるよう。
オーダーの時にマダムにちゃんとその旨を伝えると
Goodな焼加減で出してくれますので、
お好みがあれば、一言添えると良いかも。

料理のレシピはオリジナルのものは何一つなく
人様に教えていただいたレシピを都合のいいように
アレンジしているだけのダメダメさんです(^^ゝ
デザート系はハードルが高いので、ちょっとドキドキです。

catさんへ

トトがお散歩圏内なんてうらやましいです~!
じゃあちょっと寄ってく?っていう愛すべきお店なんですけどね^^混みすぎですね

そうですねお客が増えると、せっかくの絶妙だった焼き加減が、肉の食べ方を知らない人たちによって変化してしまうのはイヤですね~
そっか今度はしっかり伝えることにします。貴重な情報ありがとうございます!

ちょっとアレンジするだけでもすごいじゃないですか
どんなすごい料理人の料理だって結局全部真似なんですから^^。
あ、早いとこザバイオーネのレシピアップしないといけませんね。今現実に作る余裕がないので、テキストだけになりそうですが。

行ってきました

ランディさん、こんばんは~。
リル行ってきましたよ^^

お料理の内容はランディさんが召し上がったもの+
仔羊のロティ(ほうれん草と網油が巻かれてありました。ソースはあっさり、量が少なめ。羊肉の独特な香りもそんなに気にならず、食べやすかったです)

デザートは、
チョコレートのパスティア(揚げギョーザの皮みたいなパリパリ←表現力が乏しくてスミマセン・・・の中にフォンダンショコラが入ってるデザート。チョコレートソースは思ったより濃厚)

マンゴーのカラメリゼとヴァニラアイスクリーム(キャラメリゼは少量で、マンゴー感はあまりありませんでしたが、キレイでした。アイスはとっても美味しかったです)でした。

食前酒でシャンパンと、グラスワインの赤を頼みました。
ランディさんの真似をして、「まろやかなものを・・・」とオーダー。非常に美味しかったです。
相方はエビアンでした。
食後は、コーヒーと紅茶を頂き、とても満足しました。
紅茶は一杯¥1,000でした。味は美味しいけど、普通でしたね。
お家で飲むマリアージュ・フレールの紅茶の方が好きかも。
アールグレイ・フレンチブルーおススメです。

事前リサーチをしすぎて、あ、これブログで見た!って感動は薄めでしたが(笑)お店の雰囲気・サービスが上質で、贅沢な時間を過ごせました。適度な緊張感があって。たまにはいいですね。ホントたまにしか行けないけど・・・。
でも化粧ケースに入ったチョコレートのサービスはありませんでしたねぇ。コースによって違うのかな?
フォアグラも美味しかったです。フランスで食べたのより美味しかったなぁ・・・。
ポルト酒のソースって、定番なんですか?


量が少ないと思っていたので、終わったら「一蘭」でラーメンを食べようって相方が言っていたのですが、もうお腹いっぱいだったし、リルの後でラーメンはねぇ・・・って止めました(笑)

makikoさんへ

こんばんは☆
詳細レポありがとうございます^^

子羊食べたかったです。やっぱりフレンチは肉がいい^^

デザートなかなか大人っぽくておいしそうですね。

「まろやかなものを・・」これってかなりうまくいく言い方だと思います。

アールグレイ・フレンチブルーですか・・・メモメモ

そうですよね。これから行こうとしている方が行く前に写真見ちゃうと楽しみ減っちゃいますよね^^その辺が難しいところです。写真のみ表示しないみたいな機能があればいいんですが^^;想像も膨らむし。

え?!化粧ケースのチョコサービスなかったんですか?
誰かもどこかでそんなこと言ってたような。意外と気まぐれなんですかね?これかなりポイント高いんですけど。

僕も20代の頃ならこの後ラーメンの1杯や2杯へっちゃらでしたが、今となっては、翌日いっぱい影響しますね^^

ポルト酒は定番ですよ。特にフォアグラには甘いこのソースがばっちりです。ポルト酒とバター、はちみつ、塩だけでもデグラッセしながらうまく煮詰めればかなり美味しいソースが出来ると思います。




はじめまして

はじめまして。ハニといいます。
素的なブログですね。^^
とても参考になります。

で、私も今日、オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤに
ランチで行ってきました。
ほんとに、お店の雰囲気は素的でした。
あの木製シャンデリアは圧巻です。

お料理の方は、私的にはいまひとつ、という感じでした。
使っていたソースが似た感じのものが多くって、
お料理ごとの新鮮さがあまりない気がしました。
それとやはり値段と照らし合わせると高い!!
という印象が強いです。
チーズとお水もいただきましたが、
料金説明はありませんでしたし。
6300円のコースをいただいたのですが、
一人頭1万円を超えてしまいました(^^;)
高級店はこんなものなのかしら?

そうそう、ぜひ春日井にある「阿多知(あだち)」さんという日本料理のお店に行ってみてください。
ここに行くと、他のお店は行けなくなるかもしれませんが(笑)

ハニさんへ

おはようございます。はじめまして☆

僕も全体的にパンチに欠ける印象があります。盛付け面で印象に残ることもありませんし。特に最近は、安い店でもかなり盛り付け頑張ってますからね(変なのも多いですが)。

チーズやお水の料金説明がないのは、きっとハニさんに対しては、逆に失礼に当たるとお店の方が判断されたのだと思います。僕のときは写真も撮ってるし、いろいろと質問したりしてましたし、細かく説明しておいた方が無難と判断されたのでは?^^;

そうですね。ベース料金はそんなに高くなくても、高級店ってなんだかんだで上乗せ額と合計すると高額になってしまいます。

「阿多知(あだち)」初めて聞きました。
他の店に行けなくなるんですか!また行きたいお店が増えてしまいました^^;

今後ともよろしくお願いします♪

ぜひ^^

さっそくお返事ありがとうございます。
そうですね、料金設定の話はお店が気を遣ったのかも。。。
ランディさんの言うとおり1度ではそのお店を判断するのは
難しいですし、機会があったらまた行ってみます。

ぜひ、阿多知さん、行ってみて下さい。
知る人ぞ知るお店なのですが、
お料理は手がこんでいて、味も最高。
夜は5,500円のコースなので、このブログの設定からは
少し外れてしまいますが、行ってみる価値はあると思います。
ただし、予約がなかなか取れないので根気よく電話してみてください。

では、また遊びに来ます。(^-^)

やっほ!

ランディさん、名古屋にこんなサイトができたなんて
感激です★レシピもあって楽しめます★

オーベルジュリルは、フランスの現地に数年前に行って来ました。あんな田舎なのに日本人のスタージュしている若い男の子がいました。辻からの紹介で。
レストランの庭でアペリティフを頂き、景色は素晴らしかったのですが、お料理は、いまいちで、がっかりさせられました。
ランティさんの意見もほぼ似たようなもので安心しました。
ランディさんのお勧めの店なら行く価値ありです。ランディさんは
イタリアのどちらで働いておられたのですか?
今私が行きたいお店は、ナパヴァレーのフレンチランドリーです、このお店の2番をしていたシェフのお店がシカゴにありそこに行って驚愕!五感で楽しめる料理と言うのがどんなものなのかを知りました、パリの三ツ星に飽きていた頃だったのでその斬新さにひっくり返りました。
その本家のフレンチランドリーに行くのが今目指している目標です。ランディさんも行かれたら教えてください。
名古屋での美味しいお店の情報、とても楽しみにしています。

ビズさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます☆

いや~世界各地行かれてるのですね^^うらやましい~
御フランスの本店に行かれた方の意見がいただけるなんてうれしいですね。
イタリアでは働いていたというよりは、食べ歩きばかりで、気に入ったところでちょっぴり手伝わせてもらったという感じです。その中でよかったお店はローマのアルチェッポ(パスタ絶品、デザートもうまい、サービスも最高)とフィレンツェのイケチェチェ(特にニョッキがおいしい。安くて庶民的)です。どちらもいい店ですね。ガイドブックにもあまり載っていないと思います。

フレンチランドリー聞いたことないですが、行けるものなら行きたいですね。生きてるうちに行けるんだろうか^^;

こちらこそこれからもよろしくお願いします♪

これからはランディさん

再びこんにちわ、お返事いただけて感激です★
私はずっと東京に住んでいて少し前に名古屋に帰ってきました。今も東京の食べ歩きは月に2回ほどまだ盛んです。
名古屋の情報がいまいちだったのでホント、助かります。
ランディさんのデジカメはどちらのものですか?凄く綺麗ですね。弥助のアドレスがなくって、クスン(笑
浜源の鈴木君(若い方)は東京のあら輝で修行していた子なんですよ。美味しいですよね!もう一つ、黒川で、しんぼり寿司ってあるんですが、美味しいです、ただし、ご主人気持ちのムラが握りにでます・・また料金がランチ(2100円)にプラス5つ位するだけで7000円くらいになってしまいます。コストパフォーマンスは悪いです。ランチはかなり手を抜いていますが夜は気持ちが入っています。
ランディさんのお店は結構予約が取れにくいですね(笑
ランディさんのレシピ楽しみにしています。

ドレスコード

コメントに触発されて近々ディナーに行って参ります。
ところで皆さまはどのような装いでお出かけになりましたか?

にいやんさんへ

僕は羽織・はかまでした~^^y

にいやんさんへ

僕は、あれですよ。
ハードゲイの格好ですよ。

めいっぱい

ランディさん、コジータさん貴重なコメントありがとうございます。では参考に・・・

にいやんさんへ

あ!よかった~
お気を悪くされたらどうしようと心配してました^^。
でもコジータ君の服装はマジですから。というかそれは彼の普段着^^。


確かピンキオーリと違って、ここはドレスコードはなかったような気がします。

僕が行ったとき見回してみると、普通に会社帰りみたいなOLさんと上司の4人、御園座の帰りみたいなおばさま4人組、キャバクラの店長&キャバ嬢、初老の男性とクラブママ風(この2人は、テーブルの上でずっと手を握り合ってました^^;)、普通の吊るしっぽい背広の男性と普通のOLさんカップル、みたいな感じでした。
メートルさんの話によると、やはりトヨタ系の社用族の利用が一番多いとも言ってました。

にいやんさんなら普段お出かけする格好に、ちょこっとお洒落を追加する程度で十分だと思いますが。
にいやんさんの時こそはチョコのサービスがあることをお祈りしています!

エセシンデレラ?レポート

かぼちゃの馬車で出掛けてきました。
レポートやコメントからある程度想像はしていたのですが、思っていたよりもこじんまり感じました。そのわりにサーブする人が多く、そうかと言って活気があるの風ではなく・・なんと表現したらいいのでしょう?、人が静かに蠢いているという雰囲気でした。客層は、どういった集まりなのか?と思われるグループが大半を占め(人のことは言えません。私たちもそう見られていたかもしれませんが)ドレスコードを全く気にしていないと思われるような人もいてちょっと拍子抜けでした。高級にして重々しく堅苦しくないという雰囲気が却っていいのかもしれませんが。
お料理は、ほぼmakikoさんと同じコースでした。仔羊はやわらかくやさしい味でしたが、もう少しくせのある味が好きなので少々物足らなさを感じました。カエルのお皿はその周りを包んでいた白身のお魚がどうしてもはんぺんに感じてしまって・・・。一緒に行った人で仔羊を牛のワイン煮込みに変更していましたが、無難に美味しいと食べていました。ホロホロ鳥にも変更は可能だったのですが、ソースが先に出たフォワグラにかぶるのでオススメできませんと言われました。
オルゴールの様な箱に入ったチョコレートもちゃんとサービスされました!パン&バター、美味しかったです。
全体的に塩辛いというよりも甘めの味つけでした。一品一品量は少ないのですが、その甘さが徐々に溜まり、最後のチョコレートソースの溶け出すお菓子でおなかへ、ずしんときました。
別注文の食後のドリンクは女性側には(やはり?)値段設定のないメニューでした。ハーブティーをお願いしましたが、カップの4分目くらいの量しか注がれずさっぱりさせたかったため少なく感じました。フレッシュジュースを頼んだ人は小さめのコップに半分くらい(でも絞りたて、フレッシュ)あまりなみなみと注ぐのはエレガントではないということなのでしょうか?
平日の夜にも関わらず満席。ここへたどり着く前に通過したエノテカも予約で満席。セントラルガーデンといいしばらくこうした光景は続くのでしょうか?

にいやんさんへ

12時には間に合ったようですね^^。

カエルなんかいまいちでしたよね^^。
これのどこがあちらで受けるのだろうか?と思いました。

ここのメインは、やっぱり独特の雰囲気ですかね?

サービスのチョコレートよかったですね^^
人気の方は今年いっぱいぐらいで落ち着くと思いますけど、
消えてなくなるお店ではないと思います。
しかし急に有名店が名古屋にあふれ出しましたね
名古屋の飲食業界にも我々食べ歩き族にもいい刺激です。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リル&ミッドランド

ミッドランドスクウェアについて…

イタリアン、解析、中華、フレンチと名店が入っていますがそれぞれについてランキングをしてみると…

①…中華「福臨門」:価格は高いが料理のレベルには満足します。

②…フレンチ「オーベルジュ・ド・リル」:価格に見合ったサービスが受けられます。真ん中の16000円程度のコースで十分か。オープンセレモニーの時はいかにもフランスの田舎の料理の味付けでしたが、現在はまさにレストラン平松の味になっていますね。この方が日本人に受けるでしょう。

③…イタリアン「エノテカ・ピンキオーネ」:銀座のエノテカと同じスタイルだがサービスのレベルに問題ありとか。

④…会席「吉兆」:唯一価格に見合わないお料理といわれています。

個人的な感想はこんなところです。

それ以外のお店も見ていて楽しいお店が何軒かありますね。ますます名駅がにぎわって、栄が寂れてしまいます。

そういえば、フレンチ「ル・シュヴァリエ」がお店を閉めてしまいましたね。いろいろとあったようですが…

クワトロさんへ

クワトロさんお久しぶりです!

順位発表どうもありがとうございます。
僕も「福臨門」侮れないと感じていました。
一度行ってみたいです。

栄といえば、松坂屋の新レストラン街で、どこまで巻き返せるのでしょうかね?しかし名古屋も活気付いてきましたね。

「シュバリエ」・・結構好きな方がいたみたいですが、なくなっちゃたんですか!僕は結局行けずじまいでした。またどこかで始められるんでしょうか?・・

わいわい

クアトロさん食べ歩いていますね~
エノティカは銀座に13年位前に2回ほど行ったんですけど
名古屋のほうは味どうでしたか?
えっと・・オーベルジュドですけどね、フランスでは田舎にあっても味は、田舎にある=田舎の味じゃあないですよ。だからこぞってパリから遠いところまでいい味を求めていくんです。現地のオーベルはサービスも調度品も星が取れるレベルでしたよ。私の評価は2星かな?料理も平松みたいな伝統的(こちらのほうが田舎チックです)な感じじゃなくてとってもヌーベルでした。私にとって平松は昔のお皿って感じです。味は昔の味も好きなので平松は嫌いじゃないです。でも想像ついちゃって味が分かるお皿が多いです。私の舌にはオーベル(現地)の味が合わなかっただけでとっても美しかったですよ。
オーベル、がんばってほしいです。

シュバリエは、素人っぽいフレンチだった印象があります。
1966??のワインバーは何度も利用しますが雰囲気は抜群ですが、料理が素人のフレンチだったような。

「リル」の初期の味は塩分が強かったのでしょうね。

今の味付けは日本人の好みだと思いますよ。

個室からの夜景(特に東南の角部屋)が一番ではないでしょうか。東山~名古屋港の景色が時間と共に変化していきますから。
「ミクニ」からの夜景は日没まではきれいですが、その後はあまり明かりの派手な部分がないから…

松坂屋の9~10階にレストランいろいろオープンですね。
10階はPM10:00まで、9階はPM9:00までとフロアで営業時間が分かれていますね。
本日(5/30)オープンのフレンチ「ジョエル・ロブション」とイタリアン「アロマフレスカ」、6月にオープンのフレンチ「シェ松尾」には期待してしまいますね。
どんなでしょう・・・

今夜は可児市のフレンチ「オーベルジュ・ド・リリアーヌ」です。

クワトロさん、フレンチお好きなんですね

かじしってどこの県ですか?クワトロさんのコメント知りたいです。
オーベルジュドリル(現地)の塩はきつくありませんでしたよ。塩がきつかったと言えば、パリのルドワイヤンです!
思わずメートルドテルから「どうだった?」と聞かれて「塩が私にはきつかった」と答えました。そしたらなんと、ルドワイヤンの歴史書やメニュー表にシェフのサインまでくれて
「今度貴方が来たときには塩を控えめにしてくれって言っておくから」と超おちゃめな事を言ってくれました。

ジョエルロブションはパリで経験しましたがさすがですって感じです。ジャマンの頃を知っている友人は、「時代を先取りするセンスは全然変っていない」と絶賛。
名古屋にできて凄いなあ。
アロマフレスカは原田さんのお店ですが、原田さんがいなくてクオリティが保たれるのかな?
シェ松尾は、東京で食べたときは伝統的で、古い感じのイメージでした。ランディさんやクアトロさんがおすきかもしれないです。
名古屋のジョエルロブション!これ興味深深です。
どなたか行かれたら教えてほしいです。

クワトロさん、ビズさんへ


アロマフレスカ今度の土曜日のランチ予約取れたんですが、5800円ということでやっぱりキャンセルしました。ベットラほど行きたい訳でもなかったので。原田氏の本読んだこともなかったし。彼のことはミスチルの桜井似のイケメンという印象しかありません^^;
皆さんが行かれてから評判が良いようならまた検討してみます。

ロブションは行ってみたいのですが、なんか安いですよね?
ロブションのカジュアル店みたいな感じなんでしょうか?
これはビズさんにお聞きしたい。
ランチは3500円からだそうで、行きたいのですが、電話予約は受け付けておらず11時から並ばないといけない見たいで断念しています。

ただアロマフレスカは高いくせに、もしかしたら時間制を取っている可能性ありです。正確な情報をお待ちしています。

本物のロブションの料理・・一度は食べてみたい。ビズさんがうらやましい^^;ロブション氏名古屋店のオープンには来てたみたいですね。

ランディさんなんで知ってるの?

ロブションがランチ3500円なんてどうして知っているんですか?日本ってフレンチ安いですよね、オーベルシュドリルにしても、アルザスで食べるより日本は激安。現地価格の一割くらいで日本では食べられる。
それだけ価値が認められていないのかな?日本の吉兆が日本では高いけど外国に出たらそんなに高く取れないって言う野に似てる気がする。

ランチ3500円なんてパリのしょぼいビストロ価格ですよ。ロブションがそんな金額設定するなんて・・・信じられない。
もしかしてアトリエロブションなのかな?それにしても・・・3500円は激安です。
パリでロブションのお店行けば夜で200ユーロ以上はかかりますよ。それでも他のお店よりはお手ごろです。
ロブションのお店がランチ3500円と聞いてかなり驚いています。敷居が高くできないんでしょうね。

トーマスキラーの料理が食べたくて、フレンチランドリー何度も予約の電話を入れるのですが、全然取れない・・・
「キャンセルがでたら入れるけど」って言われたって、
すぐいけるわけじゃないし・・・。どなたかいかれた方・・いらっしゃらないかしら?

アロマフレスカは普通です。な~んてえらそうか?
原田さんは東京のお店にいるから名古屋にはきてないだろうし。

ランディさんは、多治見の有名な料亭である、うなぎも出しているお店ご存知ですか?皇室が利用されるお店。
ここが、水口さん(イタリアン)のところを経営していて、カード手数料請求のお店(東区泉)と関係のあるお店です。手広くビジネス行っていますね、水口さんを引っ張ってくるなんて凄いですよね。
行かれたことがあれば教えてください★




横ですが

ご無沙汰してます。catです。
ロブションネタに反応。
私も価格設定を見て目を疑いました。
夜だって表に出ているムニュが5000円代でしたよ。
一皿のポーションがお匙に1杯程度だったとしても安すぎ。
居酒屋に毛が生えたような店でも
そのくらいの価格のコースを出しますよって値段です。
中に入るとあっと驚くカルトがあるのか、ないのか・・・
ワインはびっくりするようなお値段のものしかないのか・・・
その辺りがちょっと気になるところですが
(それはそれで面白いですけど)
試して損することはないという印象。
そのうち出かけて見ようかな・・と思ってますが
ランディーさんのレビューを見てからになるかも。

PS
来月、イローゼルンに行ってきます。
本店の雰囲気と味を確かめたくなりました。

ジョエルロブションに会えました

きゃあ!今日、偶然ジョエルに会えました。
そして沢山お話を交わしました。
パリの3分の一以下のビストロ価格だったので(いくらアトリエとはいってもさ、ロブションだよ!!)
値段について本人に聞いてみたらね
「僕の料理は、限られた人ではなく、より沢山の人に味わってもらいたいと思っている
だから、沢山の人が僕の料理を味わってもらうためにこの値段設定にしている。だから貴方は特別の日ではなく気軽に利用できるんだよ」って・・・・。

お人柄も素敵で・・・この人が現代のフランス料理を造ったといっても過言ではない人。
思わず、恋人のようにくっついて写真とってもらいました。

ジョエルの好きなお菓子はキャラメルのシューだとおっしゃるので買ってみたが、v-12だった。
カシスはよかった。ピストレされているローズもv-12だった。れっきとしたフランス菓子でした。

パリの味と東京の味と名古屋の価格設定の味と比べてみても面白いかも。名古屋のお店に行っただけでロブションを知ったかのように評価されるのは納得いかないけど
名古屋のCP試してみたい。
ランディさん、背中重い??

CATさんすごーーい

ランディさんから勧められてCATさんのブログ拝見させていただきました。もう・・・眠れない。朝になってしまいます。
レシピ付、いいです!!しかしお料理凄く上手ですね・・・
ランディさんのブログって凄い人ばっかりです。
名古屋が楽しくなってきた。
連続の書き込みすいません。

ランディさん、次はどこですか??

ランディさん、こんばんは

↓ 先日行って来ました。↓
http://pub.ne.jp/Eightman/?cat_id=59588

料理もサービスもとても良かったと思います。
特にフォアグラは絶品!

今ユーロがメチャ高いので、名古屋でこれだけのレベルの料理とサービスが受けられるのなら、わざわざヨーロッパに行くこともないかも(でも行きたいですが・・・)

ミシュラン名古屋版があったなら、二つ星くらい取れるんじゃないでしょうか。

エイトマンさんへ

こんばんは~♪

なんか相当おいしそうになってませんか?!
名古屋の食材を積極的に使っているのも素晴らしい。
これでおいくらなんでしょうか?

また行きたくなりました^^。行けないけど(´・ω・`)

初歩的質問ですいません

ランディさんはじめまして。
ブログ楽しく拝見させていただきました。
8月末に記念日ディナーを食べに行く予定になっているのですが、そこで一つ質問させてください。
初歩的質問で申し訳ないのですが、オーベルジュドリルナゴヤでのディナーの所要時間はどれくらいでしょうか?
というのも、記念日なので食後に展望台(最終入場9:30)にも行きたいのですが、9時頃からの店内からの夜景も楽しみたいのです。
お恥ずかしい話しながら、こういったところでの食事の経験がないため、たぶん2時間から2時間半ではないかと思い、7時からの予約にしたのですが、ちょっと遅いのかと不安になった次第です。
もちろん個人差等はあるかと思いますが、経験豊かなランディさんのご意見を頂ければ幸いです。

初リル体験者さんへ

はじめまして。

コースの内容、アルコールにもよりますが、ゆっくり食べても2時間程度だと思います。待たされるということはありません。
あらかじめ、9時ごろからの夜景を見てから展望台にも行きたい旨サービスに伝えておけば、きちんと配慮してくれると思いますよ。

ありがとうございます

ランディさん、早速の回答ありがとうございます。
あらかじめお店に希望を伝えてみますね♪
今から非常に楽しみです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ランディさん、いつも読み逃げしてました。初めてコメントします。リル、ようやく行けました。
内装も接客もメニューもお値段もすべてゴージャスで満足のいくランチでした。でも、自分は、1度行ったら気が済みましたので、敢えてリピートしないかも(貧乏くさいですが)。やっぱり自分はトトやカジノとか。。。カジュアル系のフレンチが好きです。これからも素敵なエントリー楽しみにしています。ランディさんは、和食以外だとフレンチ・イタリアンがお好きで、ブラジル料理やスペイン料理・タイ料理は余り…ですか?ちなみに、本郷のスペイン料理のダリ、すごくお奨めです。ではでは、暑い夏を乗り切ってくださいね。ノーエアコン、すばらしいです。マンション住まいの自分には夢の世界です。。。

Favorite dayさんへ

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

僕も次回の予定は当分立たないと思います。分相応というものがありますし^^。
そうですね。僕もカジュアルフレンチで十分です。

いえいえどこの国の料理でも好きだと思いますが、いい店を
あまり知らないだけです。
ダリ・・・結構よさそうですね。情報ありがとうございます。

ノーエアコン・・・僕も昼間はマンションですよ。断熱もあまり効いてないみたいで、夜になっても床や天井を触るとあったかいんです(´Д`;

今後ともよろしくお願いします♪

オーベルジ・ド・リルVSミクニナゴヤ

「ミクニナゴヤ」は9月17日(月)の18:30~より秋のミクニフェアの初日ということで、三國清三オータムスペシャル(1人25000円)を開催。
対する「オーベルジュ・ド・リル」は10月6日(土)にマルク・エーベルラン氏が来店してのGALA-EXCEPTIONNEL(1人35000円・ワイン付き)を開催。
両店のトップラインを楽しむまたとない機会なので参加してきます。
奥の衣装代が一番高くつくのか・・・?

クワトロさんへ

こんばんは~。

いいですね!うらやましい限りです。
三国の方は、三国氏本人は来ないんでしょうか?

どちらも行きたいですが、行けそうにありません^^。
ぜひご報告お待ちしております。

ミクニフェアの初日はたいてい月曜日で東京の本店がお休みなので三國清三氏本人がお店に出て各テーブルを回ってお話をしテーブルごとにお客と写真を撮ってサインを入れて回ります。その分だけ価格の設定が割高(翌日からは同じお料理が20000円になります)ですかね。

クワトロさんへ

お返事ありがとうございます。

三国氏のサインと写真を撮るだけで5000円アップと思うと納得いきませんが、三国氏がいる分おいしくなるのであれば納得できますね^^

お久しぶりです・・・

今月は…
10/6:「オーベルジュ・ド・リル」
マルク・シェフと平松シェフのコラボによるGALAディナーでした。
友人夫妻と4人で参加。知り合いのTソムリエが良い御席をキープしてくれました。
お料理はボリューム・味付け共に良かったです。合わせてあるワインは個人的にはこんな組み合わせはしないであろうアルザスのオンパレードにシャトー・ヌフ・ドゥ・パフでした。
店内のアルザスの風景写真をはずして絵画を飾った方が良いのでは…との意見が出ていました。

10/13:ヒルトン名古屋「源氏」
同業者と5人でお肉とワインを楽しみました。
店内の改装後の初めての訪問です。以前よりも個室的な雰囲気が強くなって他のお客を気にする必要がなくなりましたね。良いことです。
お料理はあまり変化ありませんが最後はパンに焼き野菜をはさむのではなくガーリックライスに赤出汁になりました。
個人的にはヒルトンの中のレストランではここと「王朝」が好きですね。

10:17:「ル・シュヴァリエ」
家族で奥のバースデイを祝っての会食でした。
しばらく閉店した後の新生「ル・シュヴァリエ」は…?
スタッフの人数が少ないためかお料理のインターバルが長く18:30スタートで23:00までかかってしまいました。
お料理は美味しかったです。
ワインのサービスもきちんとしていて白ワインはブショネでしたが交換に応じてくれました。
チーズとかコーヒー・紅茶のサービスでオーダーしたものと間違ってきましたね。
バースデイケーキは包んで最後に渡してくれるはずでしたが、お店を出るときには忘れられていました。当方も忘れていましたが…。

10/21:「山の道」…美濃加茂市の山菜とジビエのお店。
友人夫妻とマツタケ尽くしを堪能する予定です。
何か白ワインを用意して…とのことですが、日本酒の方が合うでしょうね~。

10/24:「ラパン・アジル」…関市のフレンチ。
本当に久しぶりの訪問です。
クラシカルなフレンチとリーズナブルな価格で提供されるワインの名品を楽しみます。

クワトロさんへ

おぉ、クワトロさんいろいろ行かれてますね。
ご報告ありがとうございます。参考にさせてもらいます。

先日所用で美濃加茂行ったんですよ。「山の道」のジビエおいしそう。

リルのスペシャリテのカエルの料理、僕の周りではあまり評判よくなかったです。
クワトロさんうらやましい^^。マルクシェフが来られた時の料理食べてみたかったです。やはり何かが違うような気がします。

リルでは、カエルや鳩などのスペシャリティを全て揃えたディナーコースを21000円(?)で提供することにしたそうです。
予約についてもキャンセルが出るので結構前日や当日に電話をしても予約が取れる事もあるようです。

初リル

はじめまして。

ワインが好きで、値段が高い所はそんなに行けませんが
ワインを中心に、少しですがレストランなどブログで紹介しています。
ランディさんのブログは、すごく内容が充実していて、色んな所のレストランが見れて、わくわくしながら拝見させていただきました。
このたび念願だったオーベルジュに行ってきました。
特に記念日ではないですが、妻とのディナーで、
全体的な感想としましては、高い!
料理の美味しさは素人の私ではあまり分かりませんが、美味しいことには変わりありません。バケッドが1種類だったのは残念で、シャンパンもメニューに載っているグラスが1種類切れていることにこれまたマイナス。
私達は違う種類のワインをいくつか飲みたいタイプなので
ワインについてある程度柔軟な対応があると思いきや、
返答になにか冷たい感じがしました。
これで13%のサービス料はちょっと・・・。
2週間前の予約でよく取れたなあ、と思っていたので
当然窓際でなくて、夜景はさっぱり。
まあブログのネタにはなりましたので、近々載せます。
では、また楽しみにしています。

おしゃれして気合いれて参戦

先日、ランチ8000円のコースを頂きました
うなぎとフォアグラの前菜は、濃厚なお味でした
カリッと焼かれた山椒風味のブリオッシュが添えられ
おいしく一緒に頂けました

お魚は鯛のフリカッセ あっさりとしたクリームソースで
女性の好きな感じ

メインは鶉でした 根セロリのピューレとしっかりした味の
ソースが「久々においしいもの食べたなあ」と
ご機嫌な気持ちにさせてくれました

思ったより座席数が少なく、本当にゆったりした空間で
お食事でき満足しております・・・
が、私達もチョコサービスありませんでした
お友達がデザートや焼き菓子を残しているからかな?

次回期待します

あずきさんへ

はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。ところで、『あずき』さんて方もうお一人みえるので、ちょっとお名前変更してもらってもいいですか?

ブログ拝見しました。
イザーレシュウ・・・オープンした頃一度行ったままで、その時は山田シェフより繊細かなという印象でした。また行かなくてはと思っていますが、ランチもずいぶん値上がりしちゃったみたいですね。

リルはちょっと残念だったみたいですね。ブログまた拝見させていただきます。今後ともよろしくお願いします♪

cheezeさんへ

おはようございます!

詳細なご報告ありがとうございます♪

チョコサービスはもうやめられたのかもしれないですね。
それとも冬場だけとか。変に期待させてしまって申し訳ないです。

『あずき』改め『gon』にしました。
ブログを見ていただきありがとうございます。
今後もちょくちょく覗きに来ますので
よろしくお願いします。

初リル

はじめまして。いつもお世話になってます。
初リル記念に書き込みます。

職場&取引先の人に連れて行って貰いました。
ゴージャスな雰囲気と内装、サービスが良かったです。
が、量はライト級に少ないですね。お皿は大きいのに中身はちょっぴり。ああいう盛り付けが流行の先端ですか。大きい麦わら帽子にちょこんと料理がのせてあるみたい。私たち、胃袋が大きいのか、成長期すぎて働き盛りのメンバー(20-40代男女)全員お腹6分目で、食後にお茶しに行きました。優雅なディナーの余韻台無しw

eyeさんへ

はじめまして。
いつもありがとうございます。

そうですね~ここもエノテカもボリューム感はないですよね。
やけに大きくて奇をてらった白い皿にちょこっとした盛り付け・・確かに流行のようですが僕は大嫌いです。普通の形の白い皿にして欲しいです。

ここもエノテカピンキオーリも、接待でもない限り、当分足は向きそうにありません。

今後ともよろしくお願いします♪

完全禁煙と言うのはどうでしょうか?

いつもコメントに丁寧にお答えいただきありがとうございます。

ランディさんの文中にもありますが、このお店は

1.食後にブランデーやカルバドスと葉巻を楽しめる豪華なスペースが用意してある。
2.名古屋では唯一かもしれない、きちんと印刷された葉巻メニューが用意されている。
3.ディナーだけではなくランチの後でも、素晴らしい景色と豪華なイスで葉巻を楽しめる。

以上より、完全禁煙と星をつけるのは誤解を招くと思います。訂正していただけませんでしょうか?きちんとしたウエイティングスペースで食後酒と葉巻を楽しめるお店はほかにもありますが、あくまでこれは分煙であり完全禁煙ではないと思いますがいかがでしょうか?

葉巻おじさんさんへ

そうですね。完全禁煙という表現は改めておきます。
ご指摘感謝いたします。

しつこいようですが・・・

フレンチのランキングを見せて頂きましたが、

例えば、

1.マルタンペシュールやイグレックアサイは、文字通り「完全禁煙」ですし、

2.プランタンやフチテイは「一応禁煙」で、他の人がいない時など、喫煙させてくれると言うことで、「一応禁煙」と言う言葉で納得できます。

3.しかし、オーベルジュ・ド・リルは、印刷された立派な葉巻メニューがあり、昼も夜も喫煙させてくれるのですから、「一応禁煙」は明らかにおかしいのではないでしょうか?

もちろんランディさんのブログですし、世の中の禁煙への流れも分かりますが、わざわざ愛煙家へ最大の配慮をしてくれるお店を禁煙扱いにされるのは困ります。

葉巻おじさんさんへ

ご指摘ありがとうございます。
リルは客席では禁煙ということで一応禁煙にしています。

初リル

ランディさん、こんにちは。GW満喫されましたか?
お得なランチコース(@2940!)を頂きました。
量は少なめでしたが、リルの雰囲気を味わいました。
でも、三ツ星レストランがこんなロープライス設定ってビックリ。名古屋仕様なんですかね? 

http://www.hiramatsu.co.jp/restaurants/aubergedelill/menu/

kkさんへ

あれ?¥2940のコースなんて以前ありましたっけ?
平日の集客を狙って新設したんでしょうか?
行きやすくなったことは歓迎ですね^^。

ランディさん、こんばんわ♪
リルやっと行ってきました~。
あの雰囲気で、ランチが¥3000くらいからいただけるなんて素敵だと思います。
私がうかがった日はバスツアーか何かで割とご年配の方が
グループで見えていましたが、それ以外はお客さんが少なめに思いました。
今年で撤退!?との噂も聞きますし。
私は¥6,300(税、サービス料別)のランチをいただきましたが、満足でした☆

11/7openのセントラルタワーズのポール・ボキューズも気になります。
またランディさんのレポ楽しみにしてます☆

くじらさんへ

こんばんは。
ランチはお値打ちに提供するようになったんですね。
CP1点足しておきます。

撤退しちゃうんですか?ひらまつの別のお店に変わるんでしょうかね?

ポールボキューズもひらまつでしたよね。どうなんでしょう?

少し残念

先日、母親の誕生日のお祝いでリルに行ってきました。
4200円のランチをいただきました。
お料理はおいしく全般的におとなしくまとまっていて、
特別なヒットもなくアウトもなく、といった印象です。
デザートが、お料理に比べて少し落ちるかなという感じを
私は受けました。

あと、お店の方の対応が気になりました。
他のレストランでもあるのですが、お料理の説明をされる時に
とても小さな声と早口なので、よく聞き取れないのです。
その方にしてみたら何度となく同じことを言っているので
そんなつもりはなくても、つい早口になってしまうのかも
しれませんが、気持ちが入っていないような感じを受けて
しまいます。

そして、デザートのときにお店の方が母に「お誕生日おめでとう
ございます」と言ってくださった際、(その方の声が小さかった
のと母の耳が遠かったのが重なって)母が気がつかなかったので
代わりに私が「ありがとうございます」と答えたのですが、
その時にフッと鼻で笑われました。
とても嫌な感じでした。

お料理を出すだけならセルフの食堂でもかまいません。
しかし、ある程度の料金を払いレストランで時間をかけて
お食事をするのですから、その時間を味とサービスで気持ちよく
していただきたいと望んでしまいます。
あの程度のサービスで13%は納得いきません。

ただ一人、パンをサービスしていただいた方は素晴らしい
笑顔と対応でした。

レストランでお食事する意義って、お料理だけではないと
思うのですが、いかがお感じですか?

エメラインさんへ

確かに13%って高いですし、それ相応のサービスも期待してしまいますよね。
どうしても納得がいかないのであればお店に直接伝えてみるのも有りかと思いますよ。


はじめまして。
以前からお食事のお店を選ぶ際、いつも参考にさせていただいています。

本日皆様のコメントをはじめてじっくり読ませていただいて、
ずいぶん前のことになってしまいましたが、去年12月にリルに初めてランチに行った時
偶然本店のシェフが来日しており入口で握手していただいたことを思い出しました。
こちらはなんの予備知識もなくそして突然でしたので
「あ、シェフ?そうなんですか、シェフ、あ、どうも、はは」
みたいな間抜けな反応をしてしまいまして…
今になりかなり悔やまれます…

ランチは一番お手頃のAランチをいただきました。

・ムール貝とカリフラワーのフラン エピスの香り
・パルメザンとジャンポン2種のムースガトー仕立てサラダ添え
・アイナメのポワレと「ムターシャ」バルサミコブランとライムのソース

ムースがお得意なシェフなのね~と友人と話していました。
お味は淡白な中に時々しお味がピリッと濃かったりしました。
B,Cランチはお料理の内容が変わらずデザートが1種ずつ追加されるようですが、
初めからつく小菓子(マカロンやギモーヴ)だけで満足しましたので
Aランチで十分でした。
ただ男性ならばこれだけでお腹が満足するわけないだろうな…と感じました。

しかし3つ星レストランで、ランチとはいえ3000円代でいただけるとは。
庶民にとってはうれしい限りです。

同じミッドランド内の「吉兆」では今、春の特別メニュー5000円ランチがあり
先日これにも行ってきました。
私が予約を入れた2日後にテレビで放送されたらしく、現在反響がすごいそうです。
期間を延長するそうなので、吉兆で5000円なら!と思われるなら、是非おすすめします(予約のみです)。

ラメールロワさんへ

はじめまして。
いつもご覧いただきどうもありがとうございます。

シェフがいらっしゃるときなんてラッキーでしたね。
B,Cランチはデザートが増えるだけなんですか。
情報ありがとうございました。
ここもしばらく行ってないので、そのうちまたうかがってみたいです。吉兆も良さそうですね。

今後ともよろしくお願いします♪

いってきました

先日、4人で行ってきました。10,500円のコースでしたが、私としてはほぼはじめての高級フレンチを満喫しました。

お客さんが私たち以外に2人×2組だったこともあり、サーヴィスの方が本店のアルバムを持って来て写真の説明してくれたり、アラカルトメニューを見せて欲しいとお願いしたら、キッチリ説明までしてくれました。暇なのも客にとってはいいかも。でも、逆にさり気なくを通り越して、テーブルの状況を見られていたのはちょっと気になりましたが。スタッフの人数を聞いてみたら、この日はキッチンで8人(Max12人だそうです)、ホールで6人でした。そんなことまで気軽に教えてくれましたよ。
あと、連れがの者が「プティフールをお土産に包んでくれないか?」と頼んだら、1,500円で化粧箱に入れて作ってくれました。

チャンスがあれば、ランチも行きたいです。
(またURLに当日のブログリンクさせていただいています。)

ハマヤッチさんへ

確かにウォッチされるとちょっと緊張しますよね。
それ以外は満足されたみたいで良かったですね。

しかしその程度の客入りで、あの場所でその従業員数では経営は厳しいのではないでしょうか。

ここは毎月行ってます

僕にとって、食事は一皿の味では無くて、コースとしてのストーリとワインとの調和、ギャルソンやソムリエ他のテーブルの客が作り出す一つの劇的時間なので、その意味で一番気に入ってるお店です。
無いですよ、名古屋には。
それに、ここはアルザス料理ですよね基本的には、南の料理は今一物足りないので丁度良いのかも知れません。

Murさんへ

ご感想どうもありがとうございます。

てめえは、糞だな!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/190-b59a4827