『当店はご飲食中の撮影を固くお断りしております』 

blogrankingbanner
最近、レストランで写真を撮るお客が急増しているらしい。

ランディが店で撮影しているのがばれてしまったとき、お店の方に「最近写真撮られるお客様が多いんですよ」とよく言われる。

とくに昨日のひらまつなどの有名店のオープン時には、あっちでもこっちでも撮影しているらしい。みんなブログやってるのかな?

ただ、その時にフラッシュを光らせるお客も多いそうだ。
自動撮影モードにしていると勝手にフラッシュが光ってしまうこともあるだろうが、最低限のマナーとして、むやみにフラッシュを光らせることは他のお客に迷惑なのでやめた方がいいと思う。
一枚か二枚の記念撮影なら気にならないけど、料理が出てくるたびにあっちでもこっちでもピカピカされたら、たまったものではない。雰囲気もムードも台無しだ。

このままでは携帯電話と同じように食事中の撮影を禁止する店が登場することにもなりかねない

どんなに暗くても、ランディのように必死に手ぶれと戦ってノーフラッシュで撮影しましょう!

関連記事

コメント

はじめまして

興味深いエントリだったのでついコメントしたくなってしまいました。
http://r.tabelog.com/
Blogだけでなく、こういったユーザ参加型のレビューサイトの影響もあるのではないでしょうか。

たべもの写真…

ランディさん、こんにちは。(以前「河原町はせべ」さんにコメントさせていただいた火狐です。)


自動モードでのフラッシュ、撮ってる本人は意外に気付いてなかったり(気付いてても気にしてなかったり)しますけど、周囲のテーブルの人は「もしやパパラッチが自分を激写している??」とか気になって落ち着かないですよねぇ。

たべもの写真日記をつけている私としては、発色を考えるとフラッシュも使いたいところなんですが、やっぱり気兼ねなく一皿毎にでも撮れるように、高感度域でもノイズが比較的少ない機種を選んでデジカメを買って、ランディさんに負けじと日々手ブレと戦っております。



でも、ほんとうは食いしん坊なので、絶妙のアルデンテで供されたパスタとか揚げたての天ぷらとか、写真撮る間も惜しんで一刻も早く食べてしまいたい…というのがホンネかも。。。ならデジカメなんか持ち歩くな??(A^◇^;)アセアセ

しかたさんへ

はじめまして^^
コメントどうもありがとうございます!
確かにその手サイトも増えてきましたね。あとは、奮発していった高級店では特になにもなくても写真に撮っておこうという人もいるでしょうね。何枚撮ってもタダというデジカメの普及自体も影響していると思います。

いい店では、照明の色、明るさにをきちんと考えているのに、フラッシュなんか光らせたらせっかくのムードが台無しになることがわからない人が多いことは残念ですね。

これからもよろしくお願いします♪

火狐さんへ

いい店は、照明にも大変気を使って雰囲気を出しているのに、ピカピカされたら台無しですよね。

高感度でノイズが出ないのはフジがいいようですね。僕も照明の暗い店用に、ずっとそんなカメラが欲しいのですが予算の関係でなかなか買えません><。
日光が反逆光気味にあたる店と、薄暗い白熱灯の店では、仕上がりに雲泥の差が出ますね。

僕も出てきたらいきなり食べたいです~。もうずいぶん慣れましたけど。

食事の撮影って・・・

食事中の写真撮影ってとても日本人的でエレガントさのかけらもない行為ですね。。。

「食べる」ことを楽しむ行為は二の次で、「記憶する」行為を優先して何になるんでしょうか??

楽しい仲間との写真撮影ならまだ分からなくもないが、料理の写真を撮影して個人のブログで論じたりすることに意味はない。
「個人の嗜好」をアピールしたいだけ・・・。

もっと食事を、食事の空間を、食事の時間を楽しみながら過ごしてみたらどうでしょうね。

「通りすがりさん」って気の毒

旅先や花畑で写真を撮る人、スケッチをする人、小鳥のさえずりを録音する人、etc. 皆、夫々の時間を楽しみながら、楽しかった時を記録している。とても良いと思いませんか?
ランディさんの記事を見れば、食べることを楽しみながらそれを記録していることは良く分かります。しかも他人に迷惑をかけないように努力している。レポートに写真が付いていることでより分かり易くなっていると感じるのは、私だけではないはずです。多分このブログの読者の圧倒的多数は写真付を支持するのでは? いずれにせよ、気に入らなければ読まなければ良いだけのことで、ブログの膨大な閲覧の実績は、ランディさんを支持しています。
極々一面的な狭い視野から物事を一刀両断に切り捨てて、「通りすがりさんの『個人の嗜好』をアピール」してみても、それこそ「何の意味も無い」。「楽しみ」なんて形式的なお題目を唱えながら、自分以外の人間の精神の楽しみを想像もできない人って気の毒・・・

フードアナルスト信者からの荒らしが始まりましたか?

gigiさんって凄い頭のいい人みたい

GIGIさんって、私が「通りすがり」さんのコメントを読んで思ったことを、すごく的確に言葉にしています。
文章力が凄いと思いました。
かっこいいなあ。
このくらいの頭が欲しい。

GIGIさんに一票!!

撮るべきか、撮らざるべきか、それが問題だ。

私もこの件に関し、ジレンマを感じている一人です。確かに滅多に行く機会のない高級店や予約がなかなか取れない人気店で食事する際、記念に店内の様子や料理の写真を撮りたい気持ちは、良くわかります。私自身もその衝動に駆られる事がよくある。しかし、その行為を、他のゲストから見たら、どう思うかを考えると非常に疑問を感じてしまう。以前、レ・クレアシヨン・ド・ナリサワに行く機会があったのですが、食事が終わる頃、オーナーである成沢さんが各テーブルを回ってゲストの方々に挨拶されていたところ、その中の一組のゲストの方が、(確か誕生日のお祝いでこられていたと思うのですが)記念に成沢さんとの写真を所望され、そのリクエストに成沢さんも快く応じられ、ゲストの方と一緒に写真に写っている光景を見ていて、全く嫌味がなく、すごく心地良く感じられました。さすが東京でも五本の指に入るグラン・メゾン!このレベルの店に来るゲストは、マナーを備えていらっしゃると思いました。お金を払うのだから、お客が店内や料理の写真を好き勝手に撮ろうと構わないと言うのでは、あまりにも悲しすぎます。私は、店内で写真を撮る行為自体を否定できません。私自身、ランディさんのブログの写真を見て、その店の雰囲気や料理の内容を想像して、次回行く店の参考にさせていただいている一人ですし、また、人それぞれの食事の楽しみ方があるのですから、しかし、実際、自分の隣の席でパシャパシャとカメラのフラッシュが光ったら、あまり良い感じはしないでしょう。その辺が非常にジレンマを感じるところです。ですから、店内で写真を撮られる方々に御願いしたい。写真を撮る際は、周りで食事をしている人の事を考えて、最低限のマナーは守っていただきたい。それによって、お互いが不愉快な思いをせず、楽しい食事の一時を過ごせるのですから。
ランディさん、これからも手ブレに負けず、良い写真を撮ってください。楽しみにしています。

今回のみなさんのコメント、大変興味深く読ませていただきました。
私が、心に感じても文章で表現できないことを、きちんとわかりやすい言葉で表現していらして頭が下がります。
勉強になります。
私は、こちらのブログが大好きで、お店選びの参考にさせていただいていますが、コメントには「とってもおいしかったです」程度のことしか書けなくて...
食べ歩き番組の、おばかリポーターより表現力ないなぁと、しょげていたところでした。
ランディさんの写真は、本当においしそう。
食べることが好きでないと、こんな写真は撮れませんよねっ!?
これからも楽しみにしています。

今は自分の価値観でお店を選ぶのではなく、「ランキング」で上位に入ったお店を選択する傾向がある、という記事を先日新聞で読みました。
確かに情報が先走りしてしまい、実際はそんなに注目されることのない商品が注目されてしまう傾向はなんとなく分かる。
だからランディさんが「ランディの評価は3割、他の情報は3割、あとは御自分の判断で」っていう文を読むたびにはっと気づかされる。

大事なのは自分の価値観。

それさえしっかりしていれば、写真撮影をする人、ブログを書く人のことはそんなにとやかく言うことはなくなるのでは?

みんなそれぞれ目的があってやってるんだから。

GIGIさんへ^^

先ず第一に、レストランでの食事中写真を撮影する行為は非常に目障りです。フラッシュ云々の問題ではなく、その行為自体が私の食事の邪魔です。
大多数の方が写真付きのレストラン批評ブログを支持していようとも、少数のそれを不快と思う人の心を察する事が出来ないのであれば、それはマナー違反ではないですか?
だってレストランにおいて「撮影する」という行為は必要条件ではないですよね??
宜しければ映画「リストランテの夜」でもご覧下さい。

それと・・・

>>旅先や花畑で写真を撮る人、スケッチをする人、小鳥のさえずりを録音する人、etc. 皆、夫々の時間を楽しみながら、楽しかった時を記録している。とても良いと思いませんか?

えぇ、とてもいいご趣味だと思いますよ♪個人的に楽しむのならね。
それを不特定多数の閲覧者がいる(しかも色々なリンク先をもってる)ブログ上で披露することが、あまり意味がないと言ってるんですよ。
「みんなもそう思うよね~??」と不安な自分の支持者を増やそうとしなくていいですよ。
自分の舌の店評価なんてのは、気の合う友人との酒の肴ネタとして取っとけばいいじゃない?

まぁ、生き方のセンスの問題ですけどね。

まあ、なんでもいいじゃない。
正直な感想で面白いし分かりやすくて参考になるし、細かいことどうでもいいじゃない。


フードアナルスト協会は最低と思いますけどね♪

通りすがりさんのコメント 最初の問題提起はいい話のような気がしましたが あとのコメント見て私も個人的恨み?と感じました、、、  文章にもやけにイヤミきかせてあるとゆうか素直じゃないとゆうか~、、このブログのイメージに合わない!^^;センスがちがうんでしょうね^^♪(ってこうゆうのみるとつられてこっちもイヤミっぽくなってしまう ブログ上ですみません、、)   
 私は錬金術師さんに一票です!こうゆうコメントって有意義って思う!^^私も隣の人がフラッシュが何回もだったり写真にばかり没頭してたら抵抗ありそうだし、、 
 でもこんな役立つブログができてるって思うとらんでぃさんには多少白い目でみられることがあっても周りに気を使いながら がんばってほしいと思います! 勝手ですみません(^O^;)毎回楽しみにみてます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/191-9f261d90