ノリタケの森で紅茶パーティー 


昨日はノリタケの森のレストラン「キルン」で紅茶パーティー。












一瞬、外国に居るような気分になれる(^^)






紅茶15種飲み比べ。この日はニルギリがお気に入り。




日本リビングコーディネート協会代表の奥村裕美子先生による解説。

とっても食事はおいしいのに、最後のお茶が残念な飲食店は結構あります。あれってもったいないよね。
お茶の淹れ方も一度は習うべき。この日は飲食店の方も結構いました。




お茶請け盛りだくさんで女性は喜びそう。




クリスマスティーもいろいろ教えてもらいました。







ノリタケの森…絵になるところです。



関連記事

コメント

平和な記事だね!

今日は、平和な記事だね。
紅茶専門店は都市人口からいって、東京でないと成り立たないだろうけど、飲食店業界底上げのためにも、こうした地道な取り組みや講習を(法外な講習料ではなくて)やるのはいい事だろう。

名古屋の家庭には、かつてMデパートが強かった時代に良く売ったから、マイセンなんかは家庭にゴマンと眠っているので、カップを愛でるだけでなく、美味しい紅茶を頂くにはいい手技も必要ですね。(ここは、ノリタケだけど、それはさて置き)

コーヒーの話では、ブルマンの豆が入手不能となり、残念です。(街のブルマンは一体なんだろう?)

料理の話では、映画”マダム・マロリーと魔法のスパイス ”評論家なら、既にご覧になりましたか?

映画だから飛躍があるけど、”星”取りに汲々としている姿、本当だろうと思う。ミシュランに対する尊敬も垣間見られた。

テキストはやっぱり、"コルドンブルー"ってところもいい。

オベルジュドリルのような郊外レストランとエルブジ風パリのレストランなど、どちらも僕はいけるような身分じゃないけど、楽しめましたよ。

Bon appetit !! & नमस्ते, namaste!!
  • [2014/11/05 16:57]
  • URL |
  • デブチンおじさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

あの、、、

いつも拝見させて頂いております。
紅茶私も大好きです。

いつも感じて思うことがあるのですが
コメントに対しての返しはされないのですか?

色々な意見があるなかで
ランディさん御自身のお答えが聞いてみたいです。
ランディさんのこのブログはもはや名古屋の飲食店の
脅威と私は感じております、
それを御自身がもっと自覚した上で
ご意見が聞きたいです。

人の意見は十人十色であり、ランディさん自身の頭の中に
留めて置かれたら良いかもしれませんが、、

ご検討よろしくお願いします。

アウトレット

ノリタケの商品が、低価格で購入できるので、時間を忘れてお買い物に没頭してしまう場所です^^

カフェやレストラン、美術館などもあり、女性好みのつくりになっていますね。

アフタヌーンティ、優雅でいいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2217-84e8b976