添加物攻めという虐待 


魚肉ソーセージの原材料表示(画像上段)
下段は表示する義務はないが、使われている添加物




日本人は食品添加物を1日平均で10グラム(食塩とほぼ同じ量)も摂っているという複数の調査がある。年間にすると3.6キロ!!こりゃ有害物質によるダメージの大きい成長期の子供がアレルギーや虚弱体質、イライラになるのも当然だよね。与える親はいったい何を考えてるんだろ??スーパーで世のおかんのカゴの中を見るたびに不思議でしょうがない。虐待じゃねえの?ちょっと検索すればすぐ分かるこの情報化社会で知らなかったとは言わせないよ。自分が子供に与える食べ物なのに知ろうともしないことが虐待と同じだよ。



人気ブログランキングへ
飲食店人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

いいね

僕も二児の父親として子供の食べもに対する教育をしっかり行っています。普段、近所のスーパーでは買えるものが少なく色々なスーパーをはしごしたりネットで取り寄せたり買い物には苦労しています。
自分の行きたいスーパーがないのなら、将来というか一日でも早く美味しい本物の食材が買える食料品店を自分の手で開きたいと思っております。

僕も少し前までは同じ意見でした。
しかし、全てがそうではないように思えます。
普通に仕事を持ち普段の生活に困らない収入のある家庭で添加物だらけの食事をするのは確かに間違っていると思いますが、今の日本は格差が広がり、想像以上に貧困家庭が増えています。給食費も払えず、お弁当さえ作れないから学校に行けない子供もいるほどです。
私達が間違っていけないのは自分の価値観だけで考えると必ずしも正しい意見にはならないということは考えなければなりません。
私は普段スーパーなどには行きませんが、たまに行くと安ければいいという商品にお客さんは群がってます。それはこの社会で生きていくために仕方のない人達もいるのではないでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2586-9a1be640