とうとう日本にもこの時が! 



受動喫煙対策が遅れている日本も遂に動く?!



→厚労省 建物内の喫煙に対し罰則付の規制を検討



ところで、何の強制力も持たない僕がブログで「この店禁煙になればいいのに」とつぶやいただけで散々叩かれたけど、禁煙もしくは完全分煙を強制してくる厚労省にはきっと何も文句を言わないんだろうね(笑)





関連記事

コメント

しかし、先生様。
ここのでくると基地外のレベルでは。
欧米でもここまで行ってますかね。かのヒトラーも病的な禁煙だったと言いますし・・・・・
大麻・たばこ・酒のうち。酒が一番悪いはずです。しかし、禁酒しろとは言いませんね。受動喫煙対策も大切ですが酒は飲酒やアル酒などで一番大切な家庭を破壊します。しかし、日本では禁酒法は発布されません。
僕も喫煙はしませんが。病的な禁煙には賛成いたしません。

私も煙草は吸わない人なんで、このニュースを聞いた時にやっと日本も世界に並んだなと思いましたよ。吸わない人からしたら、ちょっとした臭いもすぐにわかりますよね。吸う人たちは臭いに鈍感になってるから、吸って窓開けて換気したらもう臭わないと思ってるみたいですが、そんな程度に臭い消えるわけもなく、吸わない人が入ったら、あっ煙草誰か吸ったなとわかるもんですよね。
飲食店なんて美味しく食事を楽しみたいし味も香りも楽しみたいから煙草の臭いはただの害でしかないし、せっかくの料理台無しにしてしまいますね。
喫煙させてる店には私も行きません。もし入ってしまっても二度と行きませんになります。
今回のは大賛成です。建物内禁煙万歳ですね

まぁ法律とかのレベルですからね。野党が何か言うかもですが…
飲食店は全面禁煙で良いと思いますけど

おおむね賛成ですが一部論点ずれてると思います。
嫌煙家である自分が厚労省に要望を言ったりしないように、喫煙家も直接言うような人はほとんどいないでしょう。
陰口や世間話で話題にあがるのはお互い様かと思います。

周りに気を使わない喫煙家が招いた自業自得であり、珍しく厚労省をほめてあげたい案件。
議案に対し文句がある人には煙のお礼に食事中顔の前で屁をこいてあげます。
その上で意見があればぜひ聞かせていただきたいものです。

なんかずれてるような

共の建物内で禁煙にする動きは、タバコの臭いが不快だからじゃないでしょう。レストランで禁止する条例も、嫌煙家に料理を美味しく食べてもらうためではないですね。タバコの煙を受動喫煙して健康に有害だから公共の場では禁止またはきちんと分煙しましょう、という理由じゃないんですか。
レストランで禁煙または喫煙可にするのはオーナーの経営判断であって、食事中にタバコの臭いをどうしても嗅ぎたくなければ、喫煙可のお店には行かないしか方がありません。個人の好みを店側に適えてくれるよう求める気持ちは自由ですが、現状では最終判断は店側にあるということです。体臭の臭い人や香水臭い人をレストラン入場禁止にして欲しい私ですが、それは実現無理でしょうね。
今回の話は、受動喫煙は健康に有害でガンや他の病気を誘発する可能性があるので、不特定多数が集まる公共の場では禁止しましょうということ。臭いに対する個人の好き嫌いの話ではありません。
すでに多くの国では、公共の場での禁煙・分煙が法令で順守されています。日本が遅いと思いますよ。私は嫌煙家なので大賛成。吸いたくもないタバコの煙を公共の場で避けがたく吸い込まされて病気になるのはまっぴら。結果的に嫌な臭いから逃げられてますが・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2698-22a12e61