Sühring (現代ヨーロッパ料理) タイ・バンコク RP 9.3 

There is a button to translate from Japanese to English on the left.





ミシュラン1つ星の「Sühring(ズーリング)」




庭園のある大きめの一軒家レストラン。
最寄駅から徒歩で30分ほどかかるので、タクシーがオススメ(80THB=280円くらい)。




ドイツ人の双子がオーナーシェフ。
厨房スタッフが多いのにビックリ。15人くらいいる。

予約時に、ガーデン席か、ダイニング席か、キッチン席かどれにするか聞かれるが、大人数でもない限り、断然キッチン席のカウンターをお勧めする。臨場感はもちろん、整然とした『厨房』という舞台上で、双子のシェフの指揮の下、各スタッフの無駄のない動きを観賞出来るのだから。ただその特等席は6席しかないので早めに確保したい。




メニュー
12皿も出てくると思うとワクワクしますね。

料金は12皿で3400THB(約12000円)。税・サービス料17%別途。



まずは、アミューズのフィンガーフード4種から。




そこそこ楽しめます。





ドイツの大衆食のパロディ。
一口サイズのビール&レモネードと共に。




一見ズッキーニみたいなのは、7種類のハーブで作られたフランクフルトの郷土料理「グリューネゾーセ」という緑色のソース。合わせるのはなんとうなぎ!スモークされたうなぎとの相性もいいね。




「ブロートツァイト」バイエルン地方のサンドイッチのセット
自分でお好みでサンドイッチを作る楽しさ!
焼きたてパンもうまいし、このスモークバターもうまい。あとは豚内蔵のパテと、キュウリのピクルス。組み立てはピンセットで。





鱈とレンズ豆、黒プリン
ミキュイされた鱈に、小豆のような味わいの黒プリン、丁寧に作られた白ワインソースの絶妙なコンビネーション。カリカリに炒ったレンズ豆が食感のアクセントに。




7日間熟成されたハンガリー産鴨は、燻されたあと、ル・クルーゼで寝かせる。




有機卵と削りたてトリュフ、ほうれん草という王道の組み合わせ。




うーん惚れ惚れする絶妙な火入れ。
ガルニは赤キャベツの煮込み。


添えられたラビオリ入りスープにディップしてもおいしい。
そういえばここのシェフは、ミシュラン2つ星を獲得したバンコクのイタリアン「メッザルーナ」でシェフもやっていたそうですね。




ワインはドイツのものを中心に、粒ぞろいの印象。
ドイツ人だけにビールの種類も豊富。
料理とのマリアージュセット(2600THB)もあります。





アヴァンデセール
ジントニックソルベにディルのムースなど、口直しにピッタリ。





千葉県産のイチゴをふんだんに。木の芽も使われている。
この店は和牛もあったし、日本の素材を積極的に取り入れてますね。

手前のイチゴに見えるのはチョコレートムース。





小菓子は箱入りで。
フレッシュなのはもちろんのこと、ここのシェフは塩の効かせ方が上手いので、最後までおいしく食べられます。





小菓子に合わせるのは蜜のリキュール。




演出もさることながら、1つ1つの料理の完成度が高いです。これがドイツ流完璧主義?!

そして、なによりも素晴らしいのはスタッフの接客。
『皆が生き生きと、楽しんで働いている』
人気店に共通するキーワードですね。



隣のオランダ人は5回目の訪問だって。
僕もまた来たい!



ランディポイント10点満点中
Randy Point (RP)9.3




Sühring(ズーリング)
営業時間:18:00~22:00
定休日:不定休
電話番号:+66 2 287 1799
住所:No.10, Yen Akat Soi 3,, Chongnonsi, Yannawa, Bangkok



関連記事

コメント

びっくり@@

バンコクに、こんな素敵なレストランがあるのですね♪
(郊外かな!?^^)

シェフはドイツ人かぁ。。洗練されたセンスですものね☆

☆ともさんへ

駅から離れている邸宅を改造したのかな?という感じでした。
料理の完成度もセンスもサービスも良い素敵なお店ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2912-084b2119