Gaa (創作無国籍料理)タイ・バンコク RP 8.4 

There is a button to translate from Japanese to English on the left.




ミシュラン2つ星&アジアベストレストラン2015~2017)に輝くレストラン「Gaggan」の新店。昨年4月にオープン。
Gagganの向かい側にある。


ちなみにGagganは2020年に閉店して、日本に移るらしい。
そのせいもあってか、Gagganは4ヶ月~半年待ちの状態。




プログレッシブ・インディアン・キュイジーヌの「Gaggan」で、スーシェフを務め、世界のベストレストランの「noma(デンマーク)」での修行経験もあるインド人女性シェフが新店舗の「Gaa」を取り仕切る。




メニューは10品のコース2200THBと、14品のコース2800THBのみ。





冷製マンゴーパンプキンスープ
梅干が浮いてる!




バイチャップルー(betel leaf)のせんべい
味醂干しみたいな味わい。爽やかなバイチャップルーの風味をスポイルしている印象。




シェフが出てきて、「タコ焼き」って言ってたぞ(笑)。




中身は鴨肉。
ともに供される様々なピクルスと一緒に楽しみます。
ピクルスと合わせる意味はよくわからない。




焼もち
上は卵黄ソース。
やりたいことがわからないなあ。




焼きコーン
ディップするのはマスタード風味のコーンクリーム。コーンにコーンで合います。




鶏レバーパテ
瞬間冷凍したパテにロンガン。




わさび菜炒めと牛乳豆腐、パクチーピクルス
うーん何がしたいのかわからない。




ザリガニ、オンザインドクラッカー
普通においしい。




焼カリフラワーと蟹身、キャラメルホエイ
これはやりたいことが理解できる。バランスもいい。




ハタのタコス風
似たような味わいのものが繰り返される印象。




ポークリブ noma風
軽い照り焼き風の豚バラ肉の上には、ザクロ、玉ねぎ、パクチーの茎のみじん切りピクルス。
かなりのボリューム。豚肉は柔らかくほろっとくずれる。これも上のトッピングとの親和性は感じられない。





ラム肉のキーマ入りパンと自家製バター
これもさっきの挽肉入りタコ焼きと被るなあ。




紫芋クリームとココナッツクリーム
そのままですね。




キャラメルココナッツアイス、赤米のコーン
上のでんぶ(おぼろ)みたいなのは豚肉だって!
面白い。赤米のコーンもナイス!





バイチャップルーのチョコレートコーティング
バイチャップルーが爽やかなので締めにはいいかも。



日本のものを積極的に取り入れてる点、シェフは日本好きなのかな?確かにシェフは名古屋のことも知ってたもんな。でも日本人の僕としては意味不明な組み合わせも多かった気がします。

でもGagganよりは予約も取りやすく、価格も安いので、気軽に楽しめそうですね。サービスも良かったです。


ランディポイント10点満点中
Randy Point (RP)8.4




Gaa
OPEN:18:00~L.O. 21:30(無休)
Phone :+66 91 419 2424
ADDRESS :68/4 Soi Langsuan, Ploenchit Road Lumpini, Phathumwan, Bangkok 10330
PRICE:
10 Course 2,200THB
14 Course 2,800THB(サービス料10%・VAT7%別)
Website:http://www.gaabkk.com/

関連記事

コメント

突然失礼します!

はじめまして!突然失礼します!
色々な方のブログを探索していて読ませていただきました!
ミシュラン2つ星ともなれば、見た目からして感動的で味わい深いですね!
v-10
おなかぺこぺこで今までイライラしていたのですが、不思議と逆に少し落ち着きましたv-34
  • [2018/02/10 12:32]
  • URL |
  • 世界にお正月を広める!ミスターお正月
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

noma(デンマーク)

最近、WOWOWで映画みましたが、面白かったです。

そのお店で修行されただけあって

遊び心いっぱいで、自由な感じがいいですね☆

(料理の世界も、アイデア次第で無限の可能性が広がりますね)

いつも名古屋、愛知県内のお店選びでとても参考にしています。ありがとうございます!

3年ほど前に「Gagan」のコースで出た、「炭化した真っ黒なうまか棒のようなもの」ほどのなんだこれ???感は、「Gaa」のコースにはなさそうですね。そのうまか棒や他の駄菓子的なものを素材にしたお料理の数々は味もそんなもので、感動もなく。最後のインド料理が一番よかった、という残念な思い出が「Gagan」にはあります。

もしかすると既に行かれているかもしれませんが、
タイ料理の素晴らしさを実感できるサトーンの「ナーム」。昨年、東京に進出した「ソムタム・ダー」の系列店で、雰囲気よくタイ東部の家庭料理が食べられるトンローの「スパンニガー・イーティング・ルーム」、熟成肉が評判で広い店内がいつもいっぱいのチョンノンシーの「Arno's Butcher and eatery」にも、お時間あれば訪問してみてください。

あと、トンローのセンセープ川近くにある「Pacamara coffe roaster」は、広々とした邸宅の中で、タイ産の豆を美味しく飲めますよ。

良い旅をお続けください!

JJCさんへ

いつもご覧いただきどうもありがとうございます。

ナームとスパンニガーは行ってみたいと思っているのですが、今回日程的に行けるかどうか微妙です。

今日は教えていただいた、スペシャルティーコーヒーのPacamaraに来てみました。素晴らしいお店ですね!
エアロプレスで淹れるコーヒーも美味しく、フードメニューの充実度と完成度も目を見張るものがあります。尋常ならぬスタッフの多さからも、どこかの資本によるゆとり経営なのでしょうか?教えていただきありがとうございました!

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2914-8291f8a1