台湾の古民家レストラン他 

台湾は5年前に行って以来ですが、
台湾人って、外国人に親切で礼儀正しく、キレイ好きなところは日本人に似てますね。そして比較的穏やか。

また皆さんもご存知の通り、かなりの親日なこともあり、レストランでも日本の料理や日本の素材をよく見かけます。


今回は、日本の古民家を改装したレストランを紹介します。


「楽埔町 Leputing 」





ところで、台湾での移動ですが、今回はほとんど「Uber(ウーバー)」を利用していました。台北市内ならほぼ5分程で捕まります。

Uberって本当に便利ですね。なんと言っても、あらかじめ料金が分かるのがうれしいです。しかも大抵タクシーよりも安い。
ドライバーも乗客の評価を気にするので、接客も良いことが多いです。






今回出会ったこのお店は、日本統治時代の官舎を改装したらしく、きちんと管理された枯山水の庭園、リノベートされた日本家屋による優雅で落ち着いた空間で、台湾人シェフが作る、フレンチと和と台湾の融合創作料理を楽しめます。







味付け、塩加減、盛り付け、全てに合格点。サービスも問題ありません。
どなたにでもオススメできるお店です。

予算は、ランチ5000円、ディナー7500円くらい。







「楽埔町 Leputing 」

お店のサイト
http://www.leputing.com.tw/content/zh/Index.aspx







次に、台湾といえば、かき氷!
ちょっと面白いかき氷屋を見つけたので紹介します。





値段は700円くらい。

ベースとなる氷とトッピングを選びます。
ここの氷の特徴は、水ではなくミルクで作ったかき氷に、様々なフレーバーを加えていること。




このようにカードにスタンプを押して注文カードを作ります。

北海道産十勝牛乳のかき氷に、白玉小豆+オレオクリーム





【宇治抹茶】
京都宇治産の抹茶使用の定番メニュー。

大きなカンナくずのような特徴ある外観。
かき氷とソフトクリームを足して2で割ったような不思議な食感と味わい。





【北海道十勝鮮乳】
北海道十勝産の牛乳を使用。台湾人に大人気だとか。




店も小綺麗だし、普通の氷に飽きたらぜひ!




「路地 氷の怪物」

台北市市民大道四段10号
電話番号
02-8773-9997
営業時間
11:00~22:00




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/2970-1f293c25