壺中天~その1~ (フランス料理) 中区新栄 総合74点 

人気ブログランキングへ
→★飲食店情報は人気ブログランキングへ★

kochu09031
壺中天(こちゅうてん)に行ってきました。
ディナーのみの営業。

通常はプリフィクスで、前菜2品とメイン1品を選ぶコースと、前菜1品と魚料理と肉料理を選ぶコースがあるらしい。ベースとなる料金は¥5500~。
今回は赤ワインを2本持ち込んだこともあり、料理はそれらにあわせた「おまかせ」でお願いしました。料理代金はおそらく¥7000~8000ぐらいでしょうか。



kochu0903cb
食前酒:ヴーヴレイ ペティアン(弱発泡)2004(品種:シュナンブラン)


kochu09032
味も食感も控えめなバゲット。ある意味料理に集中できる。
無塩バターと塩添え。




kochu09033
アミューズ:フォアグラと名古屋コーチン、バルサミコのジュレ
甘酸っぱいバルサミコが食欲を掻き立てる。




kochu0903aligote
白ワイン:ブーズロン2007(品種:アリゴテ)


kochu09034
前菜:オマール海老とウニのジュレ寄せ
ジューシーで甘いオマールと良質なウニ、シャープで澄み切った味わいのコンソメジュレ。
それをカリフラワーの何倍もカリフラワーが主張する濃厚なピューレがうまくまとめ上げる。



kochu0903pn
赤ワイン1:ニュイ・サン・ジョルジュ オー・ペルドリー2002(品種:ピノノワール)


kochu09035
魚料理:太刀魚と野菜のあさりスープ仕立て
脂の乗った太刀魚はもちろん(赤しそによく合いますね)、上品ながらもしみじみとうまいあさりのスープを含んだ野菜類もおいしい(ブロッコリー、タケノコ、ホワイトアスパラ等)。



kochu0903me
赤ワイン2:クロフルテ1999(品種:メルロー主体)
 

kochu09036
肉料理:山鳩のロティその内臓ソース
カリッとした皮と、絶妙な火入れによるジューシーで味わい深い身。内臓のコクたっぷりのソースをまとわせ口に運べば微笑まずにはいられない。
さらに、ジャガイモのガレットの下に見えるポーチドエッグから卵黄がとろ~りきちゃったからにはもう死んでもいい(笑)。



kochu09038
デザート:コーヒーの泡菓子&レモンバーム風味のアングレーズソース
なめらかで究極に軽い泡のお菓子。
レストランならではのライブのフレッシュ感のアングレーズソースとの相性も抜群。
おまけに後から湧き上がるレモンバームの香りに思わず参ったと唸ってしまう。



kochu09039
コーヒーと小菓子
香り高く澄んだ味わいのおいしいコーヒー。



kochu090310
新栄の裏通りに面した入り口から地下へ下りると広がるこんな感じの空間
2人のソムリエによる、抜かりなく温かいサービスは文句なし。

料理についてはイタリアンのヴィチーノと通じるものをふと感じてしまった。


→壺中天~その1~

→壺中天~その2~

→壺中天~その3~

→壺中天~その4~

→壺中天~その5~


応援よろしく!→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ


ランディの評価
24★★★★★★★★★★★★☆☆☆  味(30点満点)
16★★★★★★★★☆☆  サービス(20点満点)    
12★★★★★★☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点) 
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 7★★★★☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 4★★★★☆          水(5点満点)  
     

味2点プラス、清潔度1点アップ(2009年6月1日)      
独創性1点マイナス(2010年3月25日)   

仏蘭西料理 壺中天(こちゅうてん)  
名古屋市東区葵1-19-30マザックアートプラザB2F 地下鉄新栄町駅徒歩1分
地図はこちら
電話:052-508-8850
営業時間
11:45~13:00(L.O)
18:00~20:30(L.O)
定休日:月曜、第3日曜
禁煙

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やはり壺中天ですかね~!「内臓のコクたっぷりのソース」が素敵です。

ヴィチーノさんも壺中天さんに行かれるみたいなので、似るところがあるのかも知れないですね。

壺中天いいですよね。
この気取り過ぎず奇麗過ぎない雰囲気がまた良いです。
こちらも禁煙ですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/03/20 19:02の鍵コメントさんへ

お久しぶりです。
バゲットについてですが、わからないですm(_ _)m
パンマニアの方によりますとチェーン店系ではないかということでした。

アボンドンスおいしいですよね。
ブーランジェリースギヤマのデニッシュおいしそうです。
機会があれば寄ってみます。

yu-roさんへ

へ~ヴィチーノのシェフと交流あったんですか!
なんとなくシェフの雰囲気も似てたんですよね。

前菜からデザートまでこの日はハズレがなかったです。
トレンドもしっかり捉えていらっしゃるようでした。

あ~りおさんへ

そうですね。肩肘張らずにくつろげますよね。
情報ありがとうございます。
禁煙で良かった~!

2009/03/20 21:57の鍵コメントさんへ

やっと行ってきました~
同じ時期に行かれてたなんてびっくりです。

あ、コーヒーでした!(笑)訂正しておきます。

ご無沙汰でしたが、、

いつもブログは拝見していましたが、初めてコメントさせていただきました。私の好きなレストランなどもよく紹介されていましたが、こちらは私の大のお気に入りなレストランです。最近伺っていないのでお料理がますます美味しく見えました。さすがのシェフです。パン、、ですが、以前はデヴォワイエのものを使われていました。(奥さまがご出産前は自家製)今は、わかりません。私も近く訪れたいです。

大昔に

当時行っていた美容師の方から
「こちゅうてん」といういいお店があるので
行ってみてねと言われて、すっかり忘れていました^_^;

なるほど、いいお店のようですね♪

鮨屋のカウンター

今回の訪問には、いつものランディさんらしくない雰囲気。
かなり通好みのワインセレクト。
きっとワインの参謀曹長がついてますね!?
僕にとってここは、丁度、馴染みの鮨屋のカウンターに座るのと同じ感覚です。もちろん悪い意味ではありません。
鮨屋風に書けば”いよ、今日は昨日しとめた美味しい鹿が入っているよ、あんたの好きなシラーに合わせて味からめといたってんだ!ついでに言えば、それ以上太ると体が心配だからバターは控えめだせ。”という感じです。わかるかな。。
この間も、向こうのテーブルのお客様とすっかり意気投合しちゃいました(勿論我々だけのときですが)。そんなところもお鮨屋みたいでしょう。

パン

コメントだぶりますが、ここ以前デヴォワイエさんのバゲットだったんですよね♪

パンにもものすごくこだわりを持っていらっしゃるようでしたけど。

えー、どこのに変わったんだろ?
写真ではわかりません~。。

名は体を顕す??

「壷中天」とは・・・まさに良くつけた屋号ですね。
あの狭く急な階段を地下に落ちていく様は壷中への誘い。壷の中ではひと時・・・食に酔い、ワインに酔い・・・俗世を忘れさせてくれます。

通常は料理に合わせて最適なマリアージュなワインをグラスでサービスいただけます。カップルでボトル白・赤2本は厳しいですよね。グラスサービスならシャンパン、白、赤と味わいゆたかに過ごせます。もちろん、定番ワインが空けられるのではなく・・・その日のメニューを考慮してワインがチョイスされています。

ソムリエT氏のマリアージュが醍醐味です。

お店にはカウンンターもあります。
お一人さまご飯でも大丈夫。1品のアラカルト料理にワインで大満足です。

・・・・・酔いしれた壷中天の世界は22時まで。続きは2階の「祭りのカウンンター」で朝まで続けられます。

はじめまして

いきなり質問ですみませんが…
ちょっとお尋ねしたいのですが、ワインの持ち込み料は
おいくらくらいでしたか?あと、この持込は常連の方が
同行されていたから可能なのでしょうか。
一見が持込をしても嫌がられたりはしないでしょうか。

はじめてコメントします。以前からブログにはお邪魔させていただいてましたがランディさんは最近ワインの記事が妙に増えたような気がしますがきっかけが何かあるのでしょうか?ワインにはあまり興味がないイメージだったのですが・・・

持ち込みは大丈夫です

持ち込み料は、確認していませんが、高くありません。持ち込みは、全く心配いりません。カルトワインだと喜んじゃうかも。
当然の事ながらビンテージものは事前に持参すれば寝かせていただけるはず。
ただ、料理とマリアージュのことがあるでしょうから、シェフやソムリエのT氏に気軽に!相談すれば大丈夫です。
持ち込みを嫌がるお店は白壁の”K”ですが、栄の”Y”もかなり高い持ち込み料とります。
イタリアンはみんなおおらかなお店が多いですね。
和食や鮨屋さんは、ワインがお好みなら勝手にどうぞ!です。

大好きなお店です♪

ランディさん、こんばんは♪
壺中天、大好きなお店ですe-420
年に1、2度だけ特別な日にしか行かないのですが
それでもお店の方は覚えていて下さって感激でしたv-354
お店の方達はとても印象がよくて
いつも気持ちよく過ごせるお店ですv-298
あぁ。予約とりにくくなっちゃうのかしら・・・複雑です~

aliceさんへ

はじめまして。
いつもご覧いただきどうもありがとうございます。

以前はデヴォワイエだったんですね。
今後ともよろしくお願いします♪

くまさんへ

こんにちは。
行かれましたらぜひご感想お聞かせください!

デブチンさんへ

ご想像通り、ワインをこよなく愛する方々とご一緒でした。

デブチンさんのおっしゃるとおり、馴染みのある雰囲気のお客さんが多かった感じがします。


いとまゆさんへ

パンにもこだわりのあるシェフなんですね。
あの子曰く「チェーン店系っぽい」
店名までは?みたいでした。

諸行無常さんへ

皆さんにもぜひ壺の中に飛び込んでみて欲しいです。

ソムリエT氏によるその日の料理に合わせた、お皿ごとのグラスワインが楽しめるのは素晴らしいですね。おっしゃるとおり少人数ではボトル何種類も空けられませんし、トータルでのCPもかなり良くなりますね。もっとこういうワインのサービスをしていただけるお店が増えることを望みます。

カウンターでのそんな利用も出来るんですね。
情報ありがとうございました。

gさんへ

はじめまして。
5人で行って赤ワイン2本持ち込みで一人当たり¥13000位でした。詳細はわかりませんm(_ _)m 持ち込み料金そんなに高くないはずです。
デブチンさんが答えてくれましたね。ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします♪

パンダさんへ

はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

最近ワインの試飲会があったり、ワイン好きさんたちとご一緒する機会が増えたからでしょうかね。僕もお酒は強くはないですけど好きですし。今後も機会があればワインにもふれていこうかなと思います。

これからもよろしくお願いします♪

ロゼさんへ

こんばんは。
覚えていてくれるとうれしいですよね。
ソムリエ、お二人とも素敵な方々でした。

壺にはまった?

評価の分かれる店、謎の雰囲気「壺中天」が遂に登場!
ディナー+ワインも加わってか、何だかワクワク感が伝わってきました。
ワイン好きな方でも、お酒が駄目な方でも、家族的に楽しめるお店だと思います。

料理について:
定番のお口取:ブーダン・ノワールの一片は出なかったですか?
アミューズ、美味しそうですね!
太刀魚は身は強いながらもあっさり味なので、あさりスープは合いそう。画像の手前に見える燻製ハム系も合ってましたか?(すみませんが魚といえば和食が一番だと思ってしまうので、特に聞きたいです。)
そしてメインの山鳩&内臓ソースに、ジャガイモのガレット&ポーチドエッグの合わせはどんなだったのでしょう?

ランディさんは、こういう濃い・素材の味はっきりしたのががお好きなのですね!?
ワインについても味やマリアージュなどのコメント聞きたかったです。

ではではまた~。
  • [2009/03/25 02:40]
  • URL |
  • しゃんぱーにゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遂に

行ってきましたか!?名古屋で一番のフレンチですよね!料理とワインのマリアージュはたまりません!!ソムリエ二人は最高のサービスとワインのチョイスが素晴らしいです。
ここの鶉のファルシのコンフィは最高に旨いです。

しゃんぱーにゅさんへ

噂で聞いていたよりは案外お値打ちに楽しめそうなお店でした。
料理ごとにグラスワインとして抜栓していただけるのもうれしい限りです。

この日は残念ながらブーダンノワールは出てきませんでした。
この魚料理は、アサリのスープ+赤しそですし、ほとんど和食と大差ないですから問題なくおいしいです。生ハムもこの皿に違和感なく溶け込んでいました。

山鳩+内臓ソースはご想像が付くと思います。ジャガイモのガレットはしっかり目につけられた焼き色と味わいの濃縮されたパリパリが、この濃ゆ~いメインとよく合ってました。
流れ出る卵黄は煮詰められた赤ワインとレバーのコクいっぱいのソースとの相乗効果により、卵とレバー好きの人間なら誰でもノックアウトされちゃいます。

素材の味の濃いものは好きですね。この魚料理のようにしみじみとおいしく感じるものも好きです。ベクトルさえ合えば、許容範囲は広いということでしょうか。

料理とワインのマリアージュで特に印象に残ったのは、ブーズロンのきりっとした酸味と豊富なミネラル分が、うにとオマールの甘みをぐっと引き立ててくれていた点かな。

鍵コメントさんへ

行きました。でもそんなことはなかったような?
料理も濃いということはこの日はなかったように思います。

セリさんへ

次回はぜひお皿ごとのバイザグラスでセレクトお任せしてみたいです。
鶉のファルシのコンフィおいしそうですね。情報ありがとうございました。

お勧め1品

横からコメントさせていただきます、失礼致します。
私のお気に入りは、豚足ファルシーです。いつもあるものではございませんが、ねっとり豚足と酸味の効いたソースがたまりません。フライパンにつきっきりで焼きを入れるので仕上げにも手間と愛情が注がれます。鶉のファルシーのコンフィーはコンフィー好きで伺い始めた当初にオーダー致しましたが、個人的には表面がカリッと感がなく、コンフィーを味わうということでは満足度がありませんでした。ファルシーは美味しかったです。ブーダンノワールは私も大好きですが、アミューズとして頂いたことしかないです。あと、、、こちらの裏メニュー的?な牛のカルパッチョ、チーズソース、温泉卵添えが好きです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

aliceさんへ

ねっとり豚足、カルパッチョもおいしそうですね。
カルパッチョなんか聞いているとイタリアンの心も兼ね備えていそうなシェフですね。

とにかくシェフが丹念に作っているところが素晴らしいです。
僕は基本的にはそういうお店でしかお金を出したくはありません。

鍵コメントさんへ

初訪問ですよ。
砂肝のコンフィもおいしそうですね。
ずっと同じシェフなんでしょうか?

はじめまして。壺中天さん、僕も大好きなお店のひとつです。ランディさんも行かれたんですね。ワインと料理のマリアージュを楽しむのに最適ですよね。ランディさんはワインにお詳しいのですか?またお好きですか?ブログを見ている限り知識的にはまだ知識不足??と思われる面も・・・まぁ頑張ってください(苦笑)

ワイン好きさんへ

はじめまして。
おっしゃるとおりのお店だと思います。
ワイン詳しくはないですよ。そうですねマイペースでワインも楽しんで行きたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mokoさんへ

こんばんは。
そういえば最近そのソムリエさんが載っている雑誌のパンとソムリエの特集記事拝見しました。近く行くので楽しみにしています。
ブーダンも出てくるかな♪それよりその内臓付き鴨たまりませんね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/641-fe2e0a3f