ラ・グランターブル ドゥ キタムラ (フランス料理) 東区高岳 総合70点  

人気ブログランキングへ
→飲食店人気ブログランキングへ

kitamura2010415
1年半ぶりに、ワイン好きマダムトリオと共にキタムラへ



kitamura20104
イベリコ豚の生ハムでスタート!


kitamura201041
自家製パン

※注 以下キタムラのパンについてのことではありません)

ところでレストランで出てくるパン、もちろんまずいのは論外だけど、硬すぎたり味が強すぎたりして、料理の邪魔をしてもいけない。個人的にはあくまでパンは料理の脇役であり、種類も一つあれば十分。何種類もあって食べすぎてお腹が膨らんじゃってもね。

そこで料理の脇役として、これ一つ有ればばっちりというパンを、いとまゆさんの手を借りて開発したいと思います。
秋頃には名古屋ガストロノミープロジェクト内で「いとまゆの料理と合わせるパンをマスターする講座(全3回程度)」を開講したいと思いますので、お楽しみに!もちろんレストランの方にもぜひ参加して欲しいと思います。




kitamura201042
玉ねぎのキッシュ
作り立て。



kitamura201043kitamura201043-2
オマールのタルタル、小田原の稚鮎、豚足のフリット グリーンマスタードソース
赤ワインの塩、灰の塩でいただく、カラッと揚がった後味の良いフリット。




kitamura201044kitamura201044-2
ホワイトアスパラのムース マスの卵、アボカドムース添え
とてもフレッシュでミルキーな軽いムースに舌鼓。
ラディッシュの飾りは、まるで味のなかった前回とは違い、きちんと味付けされていました。



kitamura201045
マダムMさんの前菜
この店へ頻繁に来られるこの方へは異なる前菜が。前回の皿と被らないようにという配慮。
細やかな配慮が出来るのも体制の整ったグランメゾンだからこそなせる業。



kitamura201046
まだ前菜が続く・・・帆立貝のヴァンブランソース
軽い仕上がりでぺろっと。
なんとこの時は同席者4人が全て違う料理!



kitamura201047
ちなみにこれがマダムMさんのお皿。




kitamura201048
鯛のサフランソース
エストラゴンの揚げたもの マイクロミニトマト


魚料理も4人とも違うものでした!!!



kitamura201049
マダムMさんの魚料理は、彼女をイメージしたという可愛らしいもの。



kitamura2010413kitamura2010411
肉料理はコック・オー・ヴァン
付け合せの野菜も旨かった。


kitamura2010412
フレンチで出てくるリゾットはたいていイケてないのばかりだけど、このリゾットは作り立てのアルデンテでとてもおいしかった。
鶏肉やソースとの一体感もあります。





【本日のワイン】
kitamura20104v1
ジャスニエール(シュナンブラン)とアルザスリースリング

kitamura20104v2
モンタニー(シャルドネ)とプイィフュメ(ソーヴィニヨンブラン)

kitamura2010410
メルキュレイ・プルミエクリュ'01(ピノノワール)
どれもおいしかった。


ワインは皿ごとに合わせてバイザグラスで。4人とも異なった料理のときは、4種類のワインが一斉に出てくる。こんなことが出来てしまうのも、グランメゾンならでは。願わくば全てのレストランでこれをやって欲しい。
さらには、アルコールに強くない人が多いこの日本で、通常のグラスワインの半分の分量をお値打ちに提供してくれるお店が増えれば、もっとワインの消費も拡大すると思う。





kitamura2010418
アヴァン・デセール


kitamura2010416kitamura2010417
メインデザート
ど~んと出来立てスフレの登場。粉を使わないとても軽いもの。
パンチの効いたパッションフルーツソースと共に、お腹いっぱいでもぺろっといける。

前回の“種類の多さで圧倒するタイプ”のデザートとは違ってうれしい。
とはいえ種類が多いと喜ぶお客さんがいるのも事実なワケで、お客さんの要望によって様々なデザートが用意できるのも、グランメゾンならではなのかな。



kitamura2010414
以上ワイン込みで一人あたり一万円ちょっと。
一同、お腹も心も大満足。プチフールにまで手を付けたのはブログをやっている僕だけ。残りはマダムMさんの手土産に。


前回訪問時の読者の皆さんからのコメントで物議を醸したサービスについても、この日は内藤マネージャーを軸に、スマートかつ堅苦しさのない理想的なものでした。

北村シェフ、そしてグランメゾンの底力を魅せつけられたランチとなりました。
同行したマダムMがこのお店の常連だからというわけではないことを祈って。


→ラ・グランターブル ドゥ キタムラ その1 

応援よろしくお願いします→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ

ランディの評価
22★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆  味(30点満点)
15★★★★★★★☆☆☆  サービス(20点満点)   
11★★★★★★☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 7★★★★☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 4★★★★☆          水(5点満点)  
 

味3点プラス、サービス1点プラス、清潔度1点プラス(2010年4月20日)

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
名古屋市東区主税町4-84
地図はこちら
ホームページ
電話:052-933-3900(要予約)
営業時間
11:30~14:00(L.O)
17:30~22:00
駐車場:有
禁煙(喫煙スペース有)
ランチ ¥5500 ¥8000 ¥10000
ディナー¥9500 ¥12000 ¥16000 ¥20000 ¥25000

(以上サービス料、消費税含む)

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めて書き込ませていただきます。
いつも楽しく読ませていただいております。ランディさんの「常連だから?」という疑問、恐らく「常連だから」なのでしょうね。「一見さん」を拒み、「常連」を贔屓にして特別なサービスを提供するというスタイルは昔からあるオーソドックスなものですし、サービスが均等に受けられるべき、というの受け手のエゴだと思います。そういうサービスを受けたい人は足しげく通いお賽銭を落とせばいいし、不快に感じる人は二度と行かないのが意思表示なのかな、と。私は多分行かないと思いますが。ランディさんはどう思われているのでしょう?

ランディさんこんにちは、
今回ランディさんが頂いたコースはおいくらのコースでしょうか?

鍵コメントさんへ

だと思います(笑)
またどこかご一緒しましょうよ。あいかわらずどうしてもNGが○方より入っちゃうんですか?

rasyabasamiさんへ

はじめまして。
いつもご覧いただきどうもありがとうございます。
一見さんお断りのようなお店とは違い、ここは誰もが行けるので、すべてのお客に満足して帰っていただくような店作りが不可欠だと思います。

ジョルノさんへ

こんばんは。
ワイン込みで10500円ということしかわからないです。
ごめんなさい。

また憧れの店が…

行ってみたいお店がまたまた増えてしまった~!
美味しそうですね!
これで10500円とは安いと思います。
この記事は他の方のお料理も写真があるので、余計にお得感あふれてるのかしら(笑)
絶対いつか行ってみせる!(笑)

今回は良い印象だったようですね。

ランディさん、前回と違って今回は良い印象だったとお見受けします。
でもきっとそれは、ランディさんが危惧しているように「常連さん」と一緒だったからだろうなぁ~と思います。
キタムラへは何度か行ったことがありますが、そのたびに常連さんへの「媚」とも取れる行き過ぎた接客が目に付きます。
あれが無ければもっと気持ちよくお食事ができるのにな、と残念です。
「前回の皿と被らないように」という配慮などは素敵なんですがね。
お料理はとてもおいしい(たまにハズレもありますが)ので、変な接客だけは改善して欲しいものです。

仰られる通りですね。「受け手」が選択するための情報を開示するのが「提供者」の義務なりモラルであるということでしたら、昨今色々取り沙汰されている食品業界の端にいる私としては非常に納得致します。御返事ありがとうございました。

どうも私は皆さんと視点が違うようで(笑)

くらくらしそうなお料理もすごいしワインもおいしそう!
と思うのですが

最初のイベリコハム、
手で引いてますね!!!!

ポイントがそこです(笑)

常連さんに連れて行って貰っている事と、ランディさんの素情が解ってでのサービスですね。最近はレストランをオープンされる皆様はランディーさんに招待状を送るみたいですし、私も女性の友人から今度紹介してあげようか?と言われました・・・丁重にお断りしましたが、もはやブログ立ち上げ時のようなしがらみのないレポートは出来ないでしょうね。ブログオフ会の料理についてだとか・・・今回のランチにしても、レストランの元経営者としてワインの原価そこまでわかりませんか?一般の人がいったら提供されるものの違いに愕然とするでしょう。同行者はインポーターのラ・ターシェ関係の方じゃないんですか?提灯記事がポリシーでしたっけ?

きみかさんへ

そうですね。皆さん安いとおっしゃっていましたよ。
本当に常連さん効果なのか試してきてもらってもいいでしょうか?(笑)

シェリーさんへ

常連さんびいきにするにしても、あまり目立ちすぎるのはそうでない人に良くない印象を与えてしまうかもしれませんね。
ご意見ありがとうございました。

カイエさんへ

さすがカイエさんならではの視点が素敵!(笑)
手引きの方がなんとなく味わいが深まる気がしちゃいます。

名無しさんへ

オープン時の招待状なんて一度も来たことないですよ。どこからの情報でしょうか?
提灯の定義がよくわかりませんが、常に僕はその時の感想を正直にお伝えしているだけです。
この記事の場合は、「常連と同行した」とはっきり明かしていますので、今後皆様が行かれたときと比較して参考にしていただければと思います。

同行者の方はランディさんの素情をご存じでしょうから
もちろん予約の時点でお店に情報は入っています
そうだとすれば今回のレポートは

評価対象外の基準
②覆面がばれてしまった等、公正な評価をする自信がない場合

に該当するのではないでしょうか?

ちなみに 

71点 サンタキアラ ☆ 23

の場合は
評価対象外の基準
②お店の人と仲良くなった

に該当すると思われます

72点 マルコンソール ☆ 22

の場合もワインブティックラターシェの関係者ということで
広義では②お店の人と仲良くなった
に該当するのではないでしょうか?

招待状の件は私の知る限り3店は知っていますが
ブログ上ではいずれも○○さんのブログで見てとの書き出しに・・・

犯人さがしのようなご質問ですが、お店が今後このブログで被害を被る可能性を考えるとシークレットとさせていただきます。

ワイン関係のイベントに多く参加されていますが素情がばれるので程ほどにされるか、ブログのコンセプトを代えられた方が宜しいかと思われます。

不躾なお返事ですみません。

わざわざのご回答とブログ上でのコメントの公開いつも有難うございます。

今回のメッセージは魚拓が採ってありますので是非ご回答宜しくお願いします。





名無しさんへ

いつもありがとうございます。
このブログの趣旨は、僕がおすすめできると思った良店を皆さんに紹介することですから、顔バレしていても公正な評価をする自信があれば点数付けますよ。やっぱり点数付けた方が目立ちますしね。

あと招待状なんて一度も来ていませんよ。ラターシュに知り合いもいません。何かの勘違いじゃないですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

いつもありがとうございます。
最近忙しくなり疲れが溜まってきているようです。
GWはゆっくりしたいと思います。

いつも参考にさせて頂いています。
昨日,友人とランチへ行ってきましたが,正直ガッカリ。
もう二度と行かないと思います。お金をどぶに捨てた感じでしょうか。

サービスは以前他の方も書かれていたように,最悪。
あれだけホールに人がいるのに,テーブル毎の担当者はいないもの
なのでしょうか。まったく気が利かない。お皿とお皿の間に15分以上
待たされ,後からいらした2組が優先され,先に帰られました。
おまけにお料理の説明も手元に隠し持った紙を棒読み。
あれでよくサービス料とりますね。

書き出したらきりがないですが,サービスが悪すぎてイライラ。
美味しいものを食べてまた頑張ろう!って思うために行ったのに,
ストレスを頂いて帰ってきました。

お味も×。味がないモノばかり。おまけにナイフも切れ味悪く,
お肉が飛んでいくのではと不安になるほどでした。
盛りつけも素人の私でもできそうなレベル。自分で作るお料理の方が
美味しいとすら思えるモノが沢山ありました。

なにひとつ美味しいと思えるお皿がなく,本当にシェフご自身が
作られているのか疑問に思いました。

田舎っぽさが随所に感じられるレストラン。
なぜ評判がいいのかまったく理解できずに終わりました。

特別扱いをされると”美味しい”お店なのでしょうね。
残念です。

はじめまして
たまに勝手に、お邪魔させて頂いて参考にさせて頂いております。

私事ですが先日、お誕生日で彼にお願いして
キタムラに行きました。
結果、最悪でした。。。
食事が終わりバースデーケーキが運ばれ
ネームプレイトを見たら名前が違っていました。
はじめは彼が悪いのだと思いましたが
彼は前日にもお店に行き
サプライズでプレゼントとチョコを用意してくれていて
確認もしてるとのことでした。
すぐに名前を書き直して持ってきてくれましたが
その時には気分も晴れずでした。
彼は飲まないのでモエのロゼをハーフで飲んでいて
デザートのために一口、残していたのですが
それだけでは気分転換にならないので
グラスでシャンパンをお願いすることにしました。
がグラスではロゼ自体がないらしく断念したところ
お店の人が「これ差し上げるんで」と一言
グラスシャンパンをテーブルに置きました。
差し上げる・・・?と思いました。
決して偉ぶるわけでもないですが普通なら
「申し訳ありません。こちらサービスですので
宜しければ、どうぞ」ではないでしょうか?
たぶん、お詫びのつもりだったと思うので尚更・・・
私自身、夜のお勤めが長かったので
色々なお店に足を運ばせて頂いてきましたが
そんな言われ方されたのは初めてでした。
せっかくの誕生日に名前を間違われたことだけでも心外なのに
その後のフォローが、それって居酒屋さんでも、ありえないのに
高級な、しかも二人で4万以上もしたお店で考えられませんでした。

帰りに、その方に名前を聞いたところ
「山本です」と言われました。
正直、あの言い方は気に入らないと言ったところ
「山本は二人いるんんで僕は、これです」と
山本隆裕と書かれた名刺を渡されました。
まるで挑みかかるようなその態度も、ものすごく悪かったです。
二度と行きません。

勝手に、お邪魔して初対面で失礼かと思いましたが
こういうことがあったと他の方にも知ってほしくて
コメントしました。
乱文で失礼します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/868-1650a7b2