トゥラジョア (フランス料理) 中区  総合67点 

人気ブログランキングへ
→飲食店人気ブログランキングへ

中区の紹介制レストラン「トゥラジョア」に初訪問。

トゥラジョアといえば、この方のブログで初めて知ったお店。

まだ僕がブログを始めた頃の貴重なブログ仲間を失うことになったあの忌まわしい事件からこの8月でもう3年。
もしあの事件がなければ、この場にご一緒していたかもしれません・・・。






金山駅からタクシーでワンメーター。
細い路地沿いにある紹介制の隠れ家レストラン。昼夜一日限定各2組。

どんな辺鄙でわかりにくいところだろうと、今はネットやメールなどであっという間に噂は広まります。
良いお店であれば、昔みたいに宣伝広告費で苦労するなんてことはなくなりましたね。

ここも、1万円からという値段設定にもかかわらず、夜はなかなか予約がとりづらい状況らしい。
ただ昼は結構空いているみたいです。



toutlajoie2010712
今回は、1万円のコースに江崎本店の専務の方に持ち込んでいただいたワインを合わせて。



toutlajoie20107
1品目 カニの酢の物
上からリンゴ酢のジュレ
キュウリ
蟹みそと蟹の身

リンゴ酢はとてもやさしい酸味なので、合わせるシャンパンの酸で補うイメージ。
シェフいわく「シャンパンをふりかけてもおいしい」→同じことですね。




toutlajoie201071
2品目 活帆立貝のカダイフ揚げ
(北海道厚岸産活帆立)
肉厚で歯応えのしっかりした、とてもおいしい帆立。

下の玉ねぎのソースはシェフいわく「香りはカレーですが、食べてみると玉ねぎの味しかしません」とのことでしたが、思いっきりカレーの味わいでした(笑)。




toutlajoie201072
3品目 焼茄子と鮑の冷製
(三陸産活きアワビ、熊本産赤茄子)
焼茄子はエスプーマ仕立て。
エスプーマ仕立てにした時に、焼茄子の焦げた香ばしさを出すために、13%焦げた皮を混入するそうです。
これが15%だと強すぎ、8%だとわからないらしい。こういうシェフの説明を聞かされていると、酔いも手伝ってか、次第にトゥラジョワ催眠ショーにかかっていく・・。




toutlajoie201073
4品目 河豚と白子の碗蒸
(能登産トラフグ、九州の紫ウニ(ミョウバンなし))
トゥラジョワにかかると、フグまでもペースト状に。
フグと白子の濃厚なコクだけでも十分なところに、さらにウニのトッピング。
ウニ大好きなのでうれしいけど、ウニの分量からしても主役が被っている印象。




toutlajoie201074
toutlajoie201075
5品目 伝助穴子と柚子風味
(播磨灘産穴子、日高産白板昆布)
あまり覚えてませんがおいしかったです。




toutlajoie201076toutlajoie2010713
6品目 能登牛の山椒の香
もっとレアか、レアっぽい仕上がりの方が好き。
冬瓜のソースはあまり記憶にない。
煮山椒のソースは主張がありおもしろいけど、牛肉の香り・味わいを生かすという感じではないかな。




toutlajoie201079toutlajoie201078
7品目 Mのサラダ
自家製のブルーベリー・くこのみ・プルーン・コンニャクの佃煮をサラダとともにお好みで。
定番化のサラダということは人気があるんでしょう。まず他ではないですね。




toutlajoie201077
8品目 深川ご飯
普通においしい。




toutlajoie2010711
デザートとドリンク
食後の飲み物は、一人一人お客のイメージ合わせた異なるカップで。





おいしいかと聞かれたら、素材が良いのでおいしいと答えるでしょう。
楽しいかと聞かれれば、楽しいと答えます。


「紹介制の隠れ家レストラン」という特別感と、一期一会を強く感じる文句ないサービス。


一品一品、シェフによる熱のこもった皿への工夫と探求、想いを語っていただけるので、それだけでありがたさもおいしさも1.5倍になります。



toutlajoie2010714
今日のワイン(右より)
○アンリ・ジロー フランソワ・エマール アイ グランクリュ ブリュット
(シャンパーニュ地方 ピノノワール70%、シャルドネ30%)

○マルセル・ダイス エングルガルテンプルミエクリュ'05
(アルザス地方 リースリング、ピノグリ、ピノプーロ、ミュスカ)

○デリール・セラーズ シャルールエステートブラン'05
(ワシントン州 ソーヴィニヨンブラン61%、セミヨン39%) 

○ルイ・ラトゥール ムルソーブラニー'05
(ブルゴーニュ地方 シャルドネ) 

●ベンジガー リザーヴ メルロー'98
(カリフォルニア州 ソノマ メルロー)

どれもおいしくCPが良いものばかりでした。
江崎さんありがとうございます。

またお誘いいただいた寺倉さんありがとうございました。


→トゥ・ラ・ジョア その1

→トゥ・ラ・ジョア その2

応援よろしくお願いします→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


→FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ


ランディの評価
20★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆  (30点満点)
15★★★★★★★★☆☆  サービス(20点満点)
 9★★★★★☆☆☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 7★★★★☆          雰囲気(10点満点)
 8★★★★☆          独創性+素材(10点満点)    
 4★★★★☆          清潔度(5点満点)
 4★★★★☆          (5点満点)


CPマイナス1点(2010年12月7日)

Tout La Joie  トゥ・ラ・ジョア
名古屋市中区正木1-13-27 3E-Cozy
地図はこちら
ホームページ
電話:非公開(店に登録されている名前でのみ予約可能)
営業時間:ランチとディナー
定休日:予約のない日
駐車場:?
聞いていませんが禁煙だと思う

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hiromaxさんへ

応援ありがとうございます。
僕としては影響力とかはあまり実感ないんですけどね。皆さんが何かしらのお役に立てていただければと思います。

ご近所さんなんですか。ぜひいつかお食事でも!

○丸さんへ

はじめまして。
いつもご覧いただきどうもありがとうございます。
確かに説明されるとありがたく感じますよね。
今後ともよろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちゃちゃまんぼさんへ

鍵コメントにしないで欲しかったです(笑)

写真塾を

ではでは、鍵なしコメントで。

写真をみながら、こんなものを戴いたなんだ、と回想してます。

何せ、本物より旨そう。

料理の温度、やわらかさ固さ、ジュレの粘調度、が写真にでてます。香りすら感じます。

アングルは勿論、ハイライトもポイントではないでしょうか。焦点がぴったり合ったハイライトが料理の状態を正確に伝え、さらに画面を明るくしてるんではないか、と勝手に思ってます。

ご推薦のカメラで修行中です。早く写真塾を。
  • [2010/09/16 11:32]
  • URL |
  • ちゃちゃまんぼ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

お昼は空いているなんてことはまずありません。
12月1日に来年度分の予約電話を一斉にするのですが
とても繋がらず‥
3日後に繋がった頃には一年間予約埋まっていて今年は行けません。
一言さんお断りということもあり、かなり狭き門のレストランです。

野嵯和さんも同様になるみたいですよ

野嵯和さんも同様のシステムになるようですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/916-9a2b1ca0