石川 (うなぎ) 昭和区御器所 総合58点 

今日は「うなぎ石川」の紹介です。

※P.S 一応看板には炭火焼とあるが炭火焼かどうかは現在確認中。
夜は煙モクモクはありませんでした。窓もずっと閉め切っていたし。

もしランディより早く訪問した方で確認取れた方はご連絡お待ちしています。

ただ、夜のオープン前に焼いてる姿を見ていないのに、オープン時には素焼きのうなぎが積み上げられていたところを見ると、今日に限っては、昼に焼いたものを使っているようだった。


よく店の前は通るのだがまだ行ったことはなかった。
最近、sakaeさんと、とほほさんのブログで紹介されているのを見て、お値打ちらしいので、行ってみた。
isikawasoto
5時半のオープンより5分早かったが快く入れてくれた^^。



isikawasansho
懐かしいマッチ
ご夫婦とはきはきした若い娘さんの家族経営っぽい。オープンとほぼ同時に3組の来客あり。
出前の注文も入っているようだ。



isikawaash
うなぎ屋恒例の灰皿
うなぎの香りって大事なんだけどね。
ここのは小さめ。お客は誰も吸っていない。




isikawadon

うなぎ丼¥1000
おっと6分ぐらいで出てきた。
帰り際に見たらやっぱり前もって素焼きしてありました。



isikawadonup
厚めのうなぎが4切れ。ご飯はちょうどいいかたさに炊かれている。
炊き立てではないがこれでも十分おいしい。




isikawaunagiup
ランディ好みの厚いうなぎで、うまく焼かれている。でも香ばしい香りはあまり感じられなかった。味は甘めで、しょっぱくなく優しい味わい。
ご飯にかかるタレの量はデフォルトでちょうど良かった。


このおいしさと量で¥1000はお得感がある。
¥1000札一枚ポッキリで済むのと済まないのでは違いは大きい。

庶民的な店だが、雰囲気は悪くない。気軽に手頃にうな丼を味わえる店だ。
(2006年12月11日)


ランディの評価

18★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆  (30点満点)
12★★★★★★☆☆☆☆  サービス(20点満点)タバコでマイナス     
14★★★★★★★☆☆☆  コストパフォーマンス(20点満点)
 3★★☆☆☆          雰囲気(10点満点)
 6★★★☆☆          独創性+素材(10点満点)    
 2★★☆☆☆          清潔度(5点満点)タバコでマイナス
 3★★★☆☆          (5点満点)      

    
点数1点刻みに変更による修正及び相対的修正(2008年12月1日)
サービスプラス2
CPマイナス2
雰囲気プラス1
素材プラス1
素材プラス1(2009年12月)

うなぎ 石川
名古屋市昭和区塩付通2-11 
地図はこちら 


Tel.052-761-3715 
水曜・第二火曜定休。 P3台(道路挟んで店の向かい側)。
営業時間
11:30~14:00
17:30~21:00


↓メニューはこちら
isikawamenu
他にうざくや肝焼きもあり。



↓ランディも参加しています!お役に立ちましたら応援よろしくお願いします!

↓ 飲食店ブログランキング
FC2ブログランキング

↓人気blogランキングへ

blogrankingbanner
 

関連記事

コメント

先日のてんぷらから見させて頂いています。
うなぎは、あぶらを落とすか残すかで、全然違う食べ物になりますから、好みで差が出ますね。小生、デブチンなので、気分だけはあぶら落として、こんがりが好きです。会議のときに各店のうなぎを注文することが多く、その際、時間がたったときの味の差が旨く焼いているか、素材がどうかと感じてます。富田や問題の●●は、夜になって食べても軟らかい。名古屋のうなぎやは安く、早くで、店の雰囲気云々いうレベルにありません。でも、いつぞや小田原で食べた店は1時間以上待たなくてはならず、東京人のうなぎと名古屋うなぎとは似て非なるものでした。また、値段も比較にならないくらい高かったです。

デブチンさんへ

はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

おっしゃるとおりで、最近うなぎ屋さんをいろいろ回っていると、やっぱり愛知県のうなぎ屋さんは庶民的な店が多いし、お客さんもそんな感じ。浜松や三河という産地のお膝元でもあり、関東と比べれば気軽に食べられる環境なのでしょうね。
関東の店は背筋伸ばして食べに行く雰囲気がありました。

いば昇も味が落ちたし、他の老舗も勢いはないし。
うなぎ屋さんを追い続けてもあまりおもしろみはないなと
最近思っています^^;。

コメントの投稿















管理者にだけ表示したい場合はチェックをいれて下さい

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umaiumai.blog59.fc2.com/tb.php/96-64cda743