カテゴリー  [本物のうまさとは? ]

大衆の評価 

人気ブログランキングへ
shimakansoto
                             (2007/01/21撮影)

今人気のキムタク主演テレビドラマ「華麗なる一族」。見てないけど^^;
その舞台ともなった三重県の「志摩観光ホテル」がこの1月いっぱいで閉館した。

実は閉館することを知らずにたまたま1月の終わりにランディはランチを食べに行ったのだが、今となってみれば、虫の知らせだったのかとも思う。


時代は20年前のバブル全盛期、このホテルは日本が生んだ世界に誇るシェフ、高橋忠之氏を総料理長とし、絶頂期を迎えていた。パルケエスパーニャが出来たのもその頃だと思う。

この偉大なシェフの言葉でランディの胸に深く刻まれた言葉が2つある。
ひとつは「火を通して新鮮。形を変えて自然」だ。
あまりに有名な言葉なので、ご存知の方もいると思う。
この言葉の重み、深さは料理と人生を続けるに従って増してくるから不思議だ。今改めて眺めてみても、そこにはプロの料理人に対するメッセージはもちろん、実は“食文化”のすべてを言い表しているとさえ感じる。

そして2つ目は、これはあまり知られていないお客の質問に対する彼の言葉だ。
客「どうしてこんなにおいしいんですか?」
あまりの感動にこんな間抜けな質問しか出来なかった・・とこの客は後で言っていたが、その質問に対して高橋シェフは顔色一つ変えずに即答したそうだ。
「100人が全員おいしいとは言わない味だからじゃないですか?」

これは偶然雑誌で見かけた取材記事での一幕なのだが、その後これも偶然みかけたNHKの「きょうの料理」に彼が登場した時も、「私は100人が100人おいしいと言う料理をつくろうとは思っていません。」と言っていた。よほど彼はこのことにこだわっているんだなと思った。


shimakansoup
伊勢海老のクリームスープ¥2900也  今となってはインパクトは薄い

彼の名を世にとどろかせた料理のひとつに「伊勢海老のクリームスープ」があるが最初はあまり評判がよくなかったそうだ。ところが作家の山崎豊子が絶賛して以来、次第に熱狂的なファンが増えだしてきて、ついに大ブレークしたわけだ。

確かに過去を振り返ってみても、大ブレイクしたものの多くは、最初はあまり評判がよくないものが多いように思える。しかし熱狂的なファンが牽引していき、それが本当によいものであった場合、必ずやブレイクするのだ。
反面、その時代にもっとも多くの人に受けいられるものは、ほとんどの場合もはや時代遅れである。


shimakanhana
高橋シェフ時代の絶頂期も遠い過去、またひとつの時代が終わる。
※追記 その後、志摩観光ホテルクラシックとして継続されることになったらしい



↓ランディも参加しています!飲食店情報も満載!

   
↓FC2飲食店ブログランキングへ
FC2ブログランキング

↓人気blogランキングへ

blogrankingbanner